教育

センター試験廃止!大学入試はどう変わる?

投稿日:

現在、小学生から高校生のお子さんをお持ちの方で、子どもを大学に行かせたい、または行く予定、というご家庭には気になる「大学入試のセンター試験終了」の事実。センター試験が終わるとか変わるとか言われますが、いつからどのように変わるのでしょうか?今現在、検討と準備が続いているようですので、まだはっきりしたことは分かりませんが、今のところの情報をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク
  

いつから変わる?

2019年度のセンター試験が最後となることは確定しているようです。

つまり、今の高校1年生の生徒さんたちが、センター試験最後の学年。

ここからしばらくは、移行期間の世代となります。

具体的には、現在中学3年生~小学校6年生までが、移行期間に受験をする世代となります。

そして、現在、小学校5年生の生徒さんたちの代から、

新しい大学入試制度になる予定なのだそうです。

こうなると、今の高校1年生と、小学校6年生は、

試験の変わり目にあたるので、失敗すると、

次の年に全然違う試験を受けることになる可能性があり

失敗が許されない学年と言えそうです。

どのように変わるの?

センター試験は、すべてマークシードです。採点がしやすいというのが

マークシードで行われてきた大きな理由の一つだと考えられます。

しかし、これから新しく導入される試験「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」では、

画一的なペーパーテストではなく、記述も多くなるとの事です。

スポンサーリンク

「思考・判断・表現」が問われる問題が出題されると言われ、

ただ暗記して答えるという、従来の問題とは、大きく違ってくる

ことは、よく言われています。

時には答えのない問題もあり得ます。
『AかB、どちらの意見に賛成か、自分の立場を決め、その理由を論じなさい。』

というようなものです。明確な答えは存在しませんが、

どのように考えているのかを明確にし、分かりやすく文章にまとめる、

というような問題です。

また、AIを導入するという話もあり、興味深いところです。

AIが採点業務を行うという話はもちろん、

AIが出題をしながら、その人の学力を見極めていく、という話もあります。

英語に関しては、読む、書く、聞く、話す、の4技能を

試験に入れることを強く求めています。しかし、センター試験のような

大きな試験で、書く、話す、などをジャッジすることは難しく、

民間の資格・検定試験の結果を活用する、ということになりそうだとか。

民間の資格・検定試験とは、英検、TOEFL、TOEIC などの事です。

まだ、どの資格・検定試験を使用することができるかは、

まだ確定していないようです。

まとめ

センター試験が大きく変われば、小、中、高の教育も変わります。

これからは、やはり、暗記だけではなく、

考える力、自分の意見をしっかり持てる、その意見を表現できる、

など、これまでの教育とは大きく違ってくることが

予想されます。

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どもの教育で大切な事は?将来必要とされる事は何?これから・・・

情報があふれかえる現代。何を信じて何を根拠に生きればいいのかが、昔よりも分かりづらくなっています。その中の一つに「子どもの教育」があります。この激動の世の中で、子どもをどのように育てたら、その子が幸せ …

受験生の親の言葉は影響大!うざいのは逆効果!できることは?

受験シーズン真っ只中という学生さん、そしてそれを支える保護者の方々。年末とはいっても心が休まらないという方も多いかもしれません。本人が大変なのはもちろんですが、親として何をすべきなのか、何をすべきでは …

子どもの教育が大きく変化する!将来のために理解しておきたいこと

人工知能AIの存在がますます大きくなってくる中、人間の役割もまた見直されてきています。AIができることは人間はやらなくていい、そんな時代がやってきます。そんな中、大学入試センター試験も、2020年に、 …

学校がストレスとは限らない?!シュタイナー教育ってどんな教育?

学校というところは、何かと面倒でストレスがたまる場所。そして最悪の場合いじめに合い、子ども時代が台無し。そんなイメージを持っている人も少なくありません。しかし世界を見渡すと、様々な教育があることに気が …

都会と田舎の間で子育て?軽井沢の新しい学校「軽井沢風越学園」って?

2020年に開校を目指しているという「軽井沢風越学園」。「自由だ、幸せだ」と実感をもって生きられる理想の社会を実現するために、軽井沢風越学園では、このような社会の担い手を増やす教育をしていきたい。そん …