教育

センター試験廃止!大学入試はどう変わる?

投稿日:

現在、小学生から高校生のお子さんをお持ちの方で、子どもを大学に行かせたい、または行く予定、というご家庭には気になる「大学入試のセンター試験終了」の事実。センター試験が終わるとか変わるとか言われますが、いつからどのように変わるのでしょうか?今現在、検討と準備が続いているようですので、まだはっきりしたことは分かりませんが、今のところの情報をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク
  

いつから変わる?

2019年度のセンター試験が最後となることは確定しているようです。

つまり、今の高校1年生の生徒さんたちが、センター試験最後の学年。

ここからしばらくは、移行期間の世代となります。

具体的には、現在中学3年生~小学校6年生までが、移行期間に受験をする世代となります。

そして、現在、小学校5年生の生徒さんたちの代から、

新しい大学入試制度になる予定なのだそうです。

こうなると、今の高校1年生と、小学校6年生は、

試験の変わり目にあたるので、失敗すると、

次の年に全然違う試験を受けることになる可能性があり

失敗が許されない学年と言えそうです。

どのように変わるの?

センター試験は、すべてマークシードです。採点がしやすいというのが

マークシードで行われてきた大きな理由の一つだと考えられます。

しかし、これから新しく導入される試験「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」では、

画一的なペーパーテストではなく、記述も多くなるとの事です。

スポンサーリンク

「思考・判断・表現」が問われる問題が出題されると言われ、

ただ暗記して答えるという、従来の問題とは、大きく違ってくる

ことは、よく言われています。

時には答えのない問題もあり得ます。
『AかB、どちらの意見に賛成か、自分の立場を決め、その理由を論じなさい。』

というようなものです。明確な答えは存在しませんが、

どのように考えているのかを明確にし、分かりやすく文章にまとめる、

というような問題です。

また、AIを導入するという話もあり、興味深いところです。

AIが採点業務を行うという話はもちろん、

AIが出題をしながら、その人の学力を見極めていく、という話もあります。

英語に関しては、読む、書く、聞く、話す、の4技能を

試験に入れることを強く求めています。しかし、センター試験のような

大きな試験で、書く、話す、などをジャッジすることは難しく、

民間の資格・検定試験の結果を活用する、ということになりそうだとか。

民間の資格・検定試験とは、英検、TOEFL、TOEIC などの事です。

まだ、どの資格・検定試験を使用することができるかは、

まだ確定していないようです。

まとめ

センター試験が大きく変われば、小、中、高の教育も変わります。

これからは、やはり、暗記だけではなく、

考える力、自分の意見をしっかり持てる、その意見を表現できる、

など、これまでの教育とは大きく違ってくることが

予想されます。

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どもの「学校の時間」長すぎる!ドイツの思想が興味深い!塾は今

働き方改革が叫ばれる中、日本人の長時間労働が問題視されています。週休3日制や始業時間を遅らせる、自宅で働けるシステム作りなど、様々な取り組みが始まっています。しかし、よく考えてみると、子ども達はどうで …

子どもが勉強しない!一緒にやってもだめ。なんて声がけする?

子どもが勉強しなくて、イライラする。 こんなことは良くあることですが、それでも親としては何とかしたい。 スポンサーリンク 下手に何度もうるさく言うともっとやらなくなりますよね。 何か効果的な声がけはあ …

英語の発音とスペル学習法「フォニックス」より単語の最後の「e」

英語の学習を始めたばかりで、英語の読み方や発音を学びたいなら、まずアルファベットのフォニックスを一通り学習するのがおススメです。フォニックスとは、英語の音とつづりの関係を規則化したものです。アメリカの …

吹奏楽部は「ブラック部活」?!得をしているのは誰だ?!

吹奏楽部は「ブラック部活」なのか――。8月1日にNHKの「クローズアップ現代+」で、「ブラック部活」の特集が組まれ、野球部と並んで吹奏楽部での事例が紹介されると、ネット上でも元吹奏楽部や現役部員が一斉 …

ゲームにハマる子ども!やめさせたい!言う事を聞かない!どうする?

「子どもがゲームばかりしていて勉強しない。」「勉強しなさい」と言っても子どもは全く動かない。そんな話はよく耳にします。最近では、ゲームをしても時間制限を守ればメリットもある、という話もあります。ゲーム …