健康

冷房の中でだるいのはなぜ?自律神経の乱れは温度差?!

投稿日:

梅雨明けが近づいていますが、ムシムシと暑い季節がやってきます。皆さんはクーラーはお好きですか?暑い場所からクーラーの効いた場所に入ると、とっても嬉しいものですね。でもその一方で、クーラーが効きすぎて寒かったり、ずーっとクーラーの中にいるとなぜか体がだるい、そんなことありますよね。だるくならずに、クーラーを使用したいものですが、そもそもどうすればいいのでしょう?

スポンサーリンク

冷房の中にいるとだるいのはなぜ?

クーラーの効いた部屋にずっといると、はじめはとっても快適なのですが、

だんだんと、何だかだるくなってきたな~と思ったり、

手足がむくんだりしませんか?

暑い場所にいるよりも幸せなはずなのに、

クーラーの効いた職場から家に帰ってきても、何だかだるいまま。

そのような状態、もしかしたら、「冷房病」かもしれません。

冷房病とはいっても、これは正式な名前ではないのですが、

冷房が効いた場所と外気温とを繰り返し行き来することで起こる

体調不良の事をこのようにいう事があります。

これは、体温調節をつかさどる自律神経が、急激な温度調節に対処できず、

温度を下げる「交感神経」と、温度を上げる「副交感神経」のバランスが乱れる

自律神経失調症と似た症状になるために起こります。

だるいだけではなく、肌荒れや肩こり、腰痛なども、実は冷房によるものかもしれません。

熱中症対策としてのクーラーなのに、

クーラーを効かせると「クーラー病(冷房病)」になるなんて、

何だかちょっと皮肉ですよね。

冷房を使用すると自律神経が乱れる?

では、なぜ冷房を使用すると、自律神経が乱れるのでしょうか?

皆さんは、クーラーを使う時、設定温度を何度にしますか?

自律神経は、5℃以上の急激な温度変化に対処できません

屋内が23℃、屋外が30℃、となれば、温度差は7℃。

この温度変化を何度も繰り返すと、自律神経のバランスが乱れます。

 

また夏は、普通、自律神経が働き、血管を拡張し熱を逃がそうとします。しかし、

ずーっとクーラーの中にいると、

自律神経は、血管を収縮させ、熱を逃がしにくい状態にします。そして、

いざ、本当に自分の体を冷やしたい時がきても、熱を逃がすことができません。

汗が出ず、顔が真っ赤になったりします。

このように、温度差が大きいと、自律神経にストレスがかかり、

汗とともに疲労物質を外に出せなくなったり、血液の流れが悪くなったりして

スポンサーリンク

体調が悪くなるのです。

自律神経は温度を味方につけて守ろう!

エアコンの設定温度は「28℃に!」ってよく聞きますよね。

この温度、高すぎるよ~!って思う人が多いのだと思います。

特に男性は、28℃なんて、無理でしょう?!っていう方も多かも。

でも、28℃は、熱中症の危険性が出てくるぎりぎり手前の温度であり、

屋内28℃、屋外32℃ なら、何とか自律神経にもストレスをかけずに済む温度です。

もちろん、外の気温が33℃を超える日も、最近は多くなり、

必ずしも気温差5℃をクリアできるわけではありません。

それでも、熱中症も防ぎながら、自律神経を守れる温度!といえば、

やはりエアコン設定温度は「28℃」がいいと言えます。

労働安全衛生法などでも定められているのだとか。

もちろん、湿度が高くなると、熱中症のリスクは上がってしまうため、

除湿をしたりする必要がでてきます。

オフィスがキンキンに冷えていているけれど、自分ではどうしようもなく、

具合が悪くなってしまう、と言う人は、

男性なら、長袖を一枚羽織る。

女性なら、一枚羽織ってもいいですが、腹巻をする、なんていう方法もいいみたいです。

まとめ

エアコンが効きすぎていて寒いと感じる場所、

街に出ると今でもたくさんあります。それはもしかしたら、

「外から来たお客様が気持ち良いと感じる温度に設定しよう」

ということで、温度が低めに設定してあるのかもしれません。

しかし、自律神経に問題をきたす可能性があることが分かっていて、

それでも設定温度を下げたほうがいい、と言えるでしょうか。

28℃では暑いという場合でも、せめて26℃までにとどめておきたい。

そこで働く人たちにとっても、そこを訪れるお客さんにとっても、

エアコンの低すぎる温度設定は、

体調不良の原因を作り出してしまいます。

汗をかく=体温調整機能を使っている=自律神経を鍛えられる

です。時には少し汗をかくくらいの温度の方が、身体にはいいと言えます。

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホの長時間使用で健康被害?!口臭から子供の脳まで!

今となってはもう手放すことができないスマホ。調べたいものはすぐに調べられるし、便利なアイテムとなっていますが、その一方で、いろいろな健康被害を引き起こすことも分かってきています。今回はあえてスマホから …

ウォーキングに適した時間帯は?歩数と病気予防の関係が明らかに!

ウォーキングについての最新情報が明らかに!2000年にはじまった17年間にも及ぶウォーキングの研究から明らかになってきたことをご紹介! スポンサーリンク 関連

コレステロールを下げる必要ない?!それよりも糖質!薬の副作用?

コレステロールの数値が高い、というと、「下げないと危険!」と思う人も多いのではないでしょうか?しかし、コレステロールはそんなに悪いものではないですし、むしろ体に必要なものでもあるようです。むやみやたら …

筋トレを毎日やっていい?!少しずつ短い時間でも効果は出せる!

皆さんは、筋トレ、やっていますか? 年齢を重ねるごとに、筋肉が弱り、放っておくといたるところがプヨプヨ~ なんてこと、ありますよね~。 若い頃には考えられなかった現実が30代半ばくらいからヒタヒタと …

視力が悪い小中高校生が増えている?!近視の原理は?防止策は?

最近、小学生、中学生、高校生に視力の低下がみられると言います。原因ははっきりとは分かっていないようですが、原因は遺伝子だけではなく、何らかの環境因子が関わっていることは言えそうです。そして、新たな研究 …