教育

子どもの運動能力低下は、生活習慣や家庭環境で決まってくる!

投稿日:

春の運動会シーズンは、ひとまず落ち着いた時期ですね。秋になると、また運動会シーズンがやってきます。さて、お子さんは運動が得意ですか?最近の研究結果で、子どもの運動能力は家庭環境や生活習慣と深く関係していることが分かってきています。学校だけに教育を任せていると、取り返しのつかない事になります!

スポンサーリンク
  

子どもの運動能力の低下

最近、子どもの運動能力の低下が問題となっています。

調べてみると、トップの方の成績は下がったとは言えず、

昭和の時代からそれほど変わっていません。

変わっているのは、成績が下の方のデータです。

つまり、勉強同様、二極化が進んでおり、

全然運動できない子と、運動がとってもできる子の差が激しくなっているという事です。

登下校の送り迎えや外遊びの減少などで、運動する機会が減っている一方で、

真剣にスポーツに打ち込む家庭も多くなっている。

こんな社会状況から、体力の二極化が進んでいると言えます。

また、身長・体重ともに、今の親世代が子どもだったころよりも、

伸びています。昭和の頃よりも、身長も体重も増えているのに、

50m走やボール投げ、立幅跳び、長距離などの平均値が下がっている、ということは、

運動能力が低下している、と言うことができるようです。
http://www.nsca-japan.or.jp/journal/18_1_02-06.pdf#search=%27%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82+%E9%81%8B%E5%8B%95%E8%83%BD%E5%8A%9B%E4%BD%8E%E4%B8%8B%27

http://www.recreation.or.jp/kodomo/current/now.html

子どもの運動能力と生活習慣

さて、子ども達の運動能力や体力の低下に伴い、

70%以上の小学校では、休み時間や朝、放課後を使って、運動する機会を

子ども達に与えています。それでも、あまり効果が出ていない、

そんな気がしませんか??

学校でいくら時間をとって、身体を動かしても、

あまり子どもの運動能力や体力に改善が見られない。

それでも頑張っている学校は偉いのですが・・・。

興味深いデータがあります。

「基礎基本運動」と「歩数」の関係です。

とっても単純明快なのですが、

「基礎基本運動」と「歩数」の関係は、比例しています。

つまり、よく歩く子の方が、運動ができる!ということです。

逆上がりや水泳、かけっこ、すべてにおいて、歩数との比例関係があるのだとか。

スポンサーリンク

もちろん、個々をみれば、例外もあるでしょうが、

全体的には、不思議ですが「歩く」という事が、運動ができるできないに

大きく関わっているというデータが出ています。

最近は、ゲームやスマホ、Line、You Tube など、家での遊びが増えています。

しかし、当たり前ですが、これらに時間を費やしている子よりも、

外で元気に遊んだり、スポーツを楽しんでいる子の方が、

運動ができる、という事になりますね。
http://ir.jwcpe.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/612/1/nichijo_kiyo39-05.pdf#search=%27%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%A8%E6%AD%A9%E6%95%B0%27

子どもの運動能力と家庭環境

生活習慣と子どもの歩数に関係があり、歩数と運動能力に関係があることは

上述の通りなのですが、意外な事も分かってきています。

それは、

お父さんの歩数と子どもの歩数の相関関係です。

お父さんが、休日の午前中に、動き回っている家庭の方が、

子どもの歩数も多くなるのだそうです。

お母さんとの関係もあるのですが、このことに関して言えば、

お父さんの歩数の方が、お母さんの歩数より、影響力が大きいと言えるようです。

「仕事で疲れてるんだ!寝かせておいてくれ。」なんて言って

ダラダラと休日を過ごしていると、

お子様が、運動できない子になっちゃう可能性、ありますよ!

子どもにとって大切なのはお母さんだけだ!なんて勝手に思っていては

ダメですよ。お父さんも子育てにはとっても大きな影響力を持っているのだと、

自覚して、頑張ってくださいね!
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kodomo/siryo1.pdf#search=%27%E7%88%B6%E3%81%AE%E6%AD%A9%E6%95%B0%E3%81%A8%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%AD%A9%E6%95%B0+%E7%9B%B8%E9%96%A2%E9%96%A2%E4%BF%82%27

まとめ

今回は、子どもの運動能力と、歩数、歩数とお父さんの関係について

お伝えしました。体力の二極化、何とか食い止めたい!

底上げが大切です!日本のお父さん方、頑張ってください!!

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

センター試験廃止!大学入試はどう変わる?

現在、小学生から高校生のお子さんをお持ちの方で、子どもを大学に行かせたい、または行く予定、というご家庭には気になる「大学入試のセンター試験終了」の事実。センター試験が終わるとか変わるとか言われますが、 …

子供の脳を変形させる教育に注意!スマホや暴言も脳の委縮の原因?!

子どもの脳を変形させるという「不適切な養育」、マルトリートメント。今、話題になっていますが、ちょっとした親の言動が、子どもの脳に影響を及ぼすという話。何気ない日常の言葉や行動が、子どもの健全な脳の育成 …

お受験の勉強が進まない!親は子どもを褒める?叱る?理由は脳!?

受験が控えているのに、学校や塾の宿題すらなかなか思うように進まない。もちろん課題が多いことは分かってはいるけれど、ここまで頑張ってきたら何とか 合格したい!そう思うと勉強に向かわない子どもを見るとイラ …

スマホ、高校生の所持率は?!厄介な依存症とその実態

中高生のスマホの使い方については、様々な意見や議論があり、実際に親もどうしていいか分からないという事も多いです。なぜなら今40代以上で親をやっている世代は、自分たちが中高生の頃は、携帯電話がまだ無かっ …

英語の究極の学習法は?そして発音はアルファベットのフォニックスから

日本の学校教育では、中学校、高校、大学と合わせて9年も英語を勉強したのに、あまり英語をしゃべることができないというジレンマを抱えてきました。そのため、多くの大人たちは、自分には英語は向いていないのでは …