教育

子どもの運動能力低下は、生活習慣や家庭環境で決まってくる!

投稿日:

春の運動会シーズンは、ひとまず落ち着いた時期ですね。秋になると、また運動会シーズンがやってきます。さて、お子さんは運動が得意ですか?最近の研究結果で、子どもの運動能力は家庭環境や生活習慣と深く関係していることが分かってきています。学校だけに教育を任せていると、取り返しのつかない事になります!

スポンサーリンク
  

子どもの運動能力の低下

最近、子どもの運動能力の低下が問題となっています。

調べてみると、トップの方の成績は下がったとは言えず、

昭和の時代からそれほど変わっていません。

変わっているのは、成績が下の方のデータです。

つまり、勉強同様、二極化が進んでおり、

全然運動できない子と、運動がとってもできる子の差が激しくなっているという事です。

登下校の送り迎えや外遊びの減少などで、運動する機会が減っている一方で、

真剣にスポーツに打ち込む家庭も多くなっている。

こんな社会状況から、体力の二極化が進んでいると言えます。

また、身長・体重ともに、今の親世代が子どもだったころよりも、

伸びています。昭和の頃よりも、身長も体重も増えているのに、

50m走やボール投げ、立幅跳び、長距離などの平均値が下がっている、ということは、

運動能力が低下している、と言うことができるようです。
http://www.nsca-japan.or.jp/journal/18_1_02-06.pdf#search=%27%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82+%E9%81%8B%E5%8B%95%E8%83%BD%E5%8A%9B%E4%BD%8E%E4%B8%8B%27

http://www.recreation.or.jp/kodomo/current/now.html

子どもの運動能力と生活習慣

さて、子ども達の運動能力や体力の低下に伴い、

70%以上の小学校では、休み時間や朝、放課後を使って、運動する機会を

子ども達に与えています。それでも、あまり効果が出ていない、

そんな気がしませんか??

学校でいくら時間をとって、身体を動かしても、

あまり子どもの運動能力や体力に改善が見られない。

それでも頑張っている学校は偉いのですが・・・。

興味深いデータがあります。

「基礎基本運動」と「歩数」の関係です。

とっても単純明快なのですが、

「基礎基本運動」と「歩数」の関係は、比例しています。

つまり、よく歩く子の方が、運動ができる!ということです。

逆上がりや水泳、かけっこ、すべてにおいて、歩数との比例関係があるのだとか。

スポンサーリンク

もちろん、個々をみれば、例外もあるでしょうが、

全体的には、不思議ですが「歩く」という事が、運動ができるできないに

大きく関わっているというデータが出ています。

最近は、ゲームやスマホ、Line、You Tube など、家での遊びが増えています。

しかし、当たり前ですが、これらに時間を費やしている子よりも、

外で元気に遊んだり、スポーツを楽しんでいる子の方が、

運動ができる、という事になりますね。
http://ir.jwcpe.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/612/1/nichijo_kiyo39-05.pdf#search=%27%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%A8%E6%AD%A9%E6%95%B0%27

子どもの運動能力と家庭環境

生活習慣と子どもの歩数に関係があり、歩数と運動能力に関係があることは

上述の通りなのですが、意外な事も分かってきています。

それは、

お父さんの歩数と子どもの歩数の相関関係です。

お父さんが、休日の午前中に、動き回っている家庭の方が、

子どもの歩数も多くなるのだそうです。

お母さんとの関係もあるのですが、このことに関して言えば、

お父さんの歩数の方が、お母さんの歩数より、影響力が大きいと言えるようです。

「仕事で疲れてるんだ!寝かせておいてくれ。」なんて言って

ダラダラと休日を過ごしていると、

お子様が、運動できない子になっちゃう可能性、ありますよ!

子どもにとって大切なのはお母さんだけだ!なんて勝手に思っていては

ダメですよ。お父さんも子育てにはとっても大きな影響力を持っているのだと、

自覚して、頑張ってくださいね!
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kodomo/siryo1.pdf#search=%27%E7%88%B6%E3%81%AE%E6%AD%A9%E6%95%B0%E3%81%A8%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%AD%A9%E6%95%B0+%E7%9B%B8%E9%96%A2%E9%96%A2%E4%BF%82%27

まとめ

今回は、子どもの運動能力と、歩数、歩数とお父さんの関係について

お伝えしました。体力の二極化、何とか食い止めたい!

底上げが大切です!日本のお父さん方、頑張ってください!!

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

都会と田舎の真ん中、軽井沢でリーダーを育てる「ISAK」初の卒業生!

都会と田舎の真ん中、軽井沢に平成14年に開校した高等学校「ISAK」。 日本以外からの生徒が7割という、国際的な高等学校で、 6月11日、初めての卒業式が行われました。 なんと輝かしい若者たちが多い事 …

吹奏楽部は「ブラック部活」?!得をしているのは誰だ?!

吹奏楽部は「ブラック部活」なのか――。8月1日にNHKの「クローズアップ現代+」で、「ブラック部活」の特集が組まれ、野球部と並んで吹奏楽部での事例が紹介されると、ネット上でも元吹奏楽部や現役部員が一斉 …

都会と田舎どっちで子育てするのがいい?!脳の働きから見るとどっち??

都会と田舎、どちらで子育てするのが望ましいか、 この問いに対する答えは、永遠に出ることがありません。なぜなら、 スポンサーリンク 2回子ども時代をやることはできないからです。結果の違いを見ることは不可 …

絵本が熱い!人気作家が紹介!子供が喜ぶ絵がない・大人が泣ける絵本

絵本と言えば、子どもに読み聞かせてあげる本というイメージですが、最近では個性的な絵本作家さんも増え、大人でも十分に楽しめ、心が洗われる、そんな絵本が増えています。今回は「世界一受けたい授業」の中で、超 …

東大合格が目標ではない!?でも公立1位!日比谷高校の教育の特徴

都立日比谷高校は、ここ数年で東大合格者数が伸びてきている。しかしこの学校の教育の目的は、東大合格者を増やすことではない!と断言する都立日比谷高校校長先生。いい大学に合格することが人生のゴールではない。 …