教育

「勉強ができる=記憶力がいい」ではない?!ワーキングメモリーって?

投稿日:

学習や学校の成績と大きく関わっているのは、記憶力!ではないっていうこと、ご存知ですか?少し前までは「記憶力がいい子=頭がいい」って思われていましたよね。でもどうやら、点数が取れる子は記憶力がいいわけではないようです。

スポンサーリンク

勉強に関係するのは記憶力ではない?!

「勉強が出来る」「頭がいい」「点数が取れる」

これらの事は、記憶力ではなく、

「ワーキングメモリー」と言うものに関係しているそうです。

ワーキングメモリーとは、作業記憶とも言われ、

例えば、10+21ー8=??

という計算があったら、とりあえず、10+21=31。

31を記憶しつつ、次に31-8=23 っていう感じで、

計算したりしますよね。このように、

何か目的を持って作業するときに使っている記憶で、暗算をしたり、

残金2000円で買い物をするときに買い過ぎないようにする時だったり、

同時に2つの事をするようなときに使ったりするそうです。

確かに、一時的に何かを記憶しておいて、次の事につなげる、次に生かす

みたいなこと、自然によくやっていますよね。

これらは、短期記憶や長期記憶とは区別して考えられているそうで、

どうやら、学習やコミュニケーションと深く関係しているのだそうです。

コミュニケーションでも、面白い事を言おうとしたら、

前の人が言った言葉をしっかりと記憶しておいて、そのうえで考えて返さないと、

気の利いた面白い事は言えませんものね。

ワーキングメモリーは鍛えられる?

さて、問題は、このワーキングメモリーは鍛えることが出来るのか、という事です。

結論からいくと、ワーキングメモリーは鍛えることができる、という事です。

その方法についての研究がいたるところで行われていたり、

本が出版されていたりと、研究は進んでいるけれど、

スポンサーリンク

ワーキングメモリーの活動が多岐にわたっているせいか、

はっきりとしたことはあまり分かりません。しかし、

ストレスにはならない程度に脳に少なからず負担をかけることで

ワーキングメモリーを鍛えることができる、という共通点はありそうです。

例えば、運動がワーキングメモリーを大きくしてくれるというような話もあります。

ランニングと音読で、頭のキレがよくなったと実感している方のサイトもあります。

確かに、運動をすると、頭がすっきりする感じがしますし、普段やっていない方なら

その効果も大きくなりそうです。

また、2つの事を同時に行うという事も、脳への適度な負荷となり、

ワーキングメモリーを鍛えられるということも言われています。

まとめ

10代の子ども達の中で、本当に勉強が苦手な子たちは、

運動やコミュニケーションもあまり上手ではない印象があります。

 

という事は、決まりきった毎日の生活だけではなく、

逆に、その子があまり得意ではない運動やおしゃべり、読書などを、

楽しく、少しずつ、毎日継続して取り入れることで、

学習にも変化が出てくる可能性があるという事が言えそうです。

たくさん言葉をかけてあげたり、ちょっと難しい話を持ちかけてみたり、

普段しない運動をさせてみたり、声を出して本を読んだり、

嫌にならないで楽しんでできる事の中から、少しずつ脳に負荷をかけてみる。

料理もいいと言います。2つ以上の事を同時進行する可能性が高いからです。

フライパンで料理を始めつつ、次の料理のための下ごしらえをする、なんてことは、

毎回やる事です。

人間は常に変わり続けることができる。

脳も鍛えればより良く働くようになる。

発達障害や加齢などに関係なく、成長する可能性があるというのは、

嬉しいものです。大人も子どもも、ワーキングメモリーを鍛えることで、

より豊かな毎日が築けるとも言えます。

スポンサーリンク

-教育
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絵本が熱い!人気作家が紹介!子供が喜ぶ絵がない・大人が泣ける絵本

絵本と言えば、子どもに読み聞かせてあげる本というイメージですが、最近では個性的な絵本作家さんも増え、大人でも十分に楽しめ、心が洗われる、そんな絵本が増えています。今回は「世界一受けたい授業」の中で、超 …

子どもの教育で大切な事は?将来必要とされる事は何?これから・・・

情報があふれかえる現代。何を信じて何を根拠に生きればいいのかが、昔よりも分かりづらくなっています。その中の一つに「子どもの教育」があります。この激動の世の中で、子どもをどのように育てたら、その子が幸せ …

ゲーム時間と成績の関係は?時間制限できる?You tubeも問題。

先日「ゲームを許可されている子の方が、禁止されている子よりも、集中力があり、成績もよい」という記事が話題になりました。でも、ゲームを無制限にしていい、という訳ではない。また、最近はyou tube も …

♢♢♢中学校の部活顧問はプレッシャーとの闘い!強制的な自主的活動♢♢♢

中学校の部活動は、建前では「自主的な活動」として行われています。つまり、ボランティアということです。しかし、実際のところは、部活をやりたくない教員も顧問を引き受けざるを得ない現状があります。部活動には …

子供が勉強しない!理由は単純!好きにさせるために親がやるべきこと

「勉強しなさい!」毎日子どもとバトルになってしまう、そんなご家庭も少なくはないようです。特に小学生から中学生になっていく小学校高学年や、高校受験をひかえた中学3年生がいるご家庭では、子どもが勉強に向か …