教育

都会と田舎の間で子育て?軽井沢の新しい学校「軽井沢風越学園」って?

投稿日:

2020年に開校を目指しているという「軽井沢風越学園」。「自由だ、幸せだ」と実感をもって生きられる理想の社会を実現するために、軽井沢風越学園では、このような社会の担い手を増やす教育をしていきたい。そんな高い志のある学校。気になるその中身を少しだけのぞいてみました。

スポンサーリンク

風越学園の発起人はどなた?

ちょっと怪しい学校なんじゃない?なんていう声もありますが、発起人の方々を見る限り、怪しい学校ではなさそうです。学校づくりに対する思いはとっても深く強いもののようです。人生をかけて!という感じもします。

本城慎之介(株式会社音別代表取締役)
楽天株式会社を創業者のお一人で、取締役副社長を務める。2002年に退任されていますが、その後は、教育関係のお仕事をしていらっしゃるようですね。

岩瀬直樹(東京学芸大学大学院教育学研究科 准教授)埼玉県で公立小学校教諭として22年間お勤めされたようです。

苫野一徳(熊本大学教育学部 准教授)哲学者・教育学者。

メンバーとしてはバランスが取れていますし、期待できそうです。

学歴が優秀な方々だから大丈夫、とは思いませんが、

現場を知っている方が入っていることが重要だと思いますし、

理想も、そして、世の中の流れも見ながらの学校作りが出来そうな気がします。

もちろんどんなに素晴らしい方々がそろっても、

理想の学校を作るというのは簡単ではないと思います。

どんな流れで学校の形ができてくるのでしょうか。

義務教育学校

「軽井沢風越学園」は、義務教育学校という形をとるようです。

義務教育学校とは、小学校課程から中学校課程までを一貫して行う学校で、

2016年に新設された学校教育制度です。

小学校と中学校が併設されているというだけではなく、

その内容も一体化することができるという特徴があります。

気になるのはそのカリキュラムで、設置者が柔軟に運用することができると言います。

例えば、必ずしも小学校6年間、中学校3年間、と区切らなくてもいいのだとか。

今のところ風越学園のHPからは、学年の区切りを変えるという様子は見られません。

スポンサーリンク

その代りに、義務教育学校では早期カリキュラムの導入が可能ですので、

頑張ればどんどん上の学年の学習もできるということです。

学習指導要領を準用するので、学年ごとに学ぶことがだいたいは決まりそうですが、

必ずしもそれに従った授業を展開する必要はなさそうです。

風越学園では、中学生が小学生に勉強を教えてあげる、というような

縦のつながりも教育に生かしていきたいようです。

子ども同士の異年齢の学び合い、実現するといいですね。

個人個人が違う速度で、主導的に学んでいくとなると、

カリキュラムはどうあるのがいいのか、

なかなか難しいように思いますが、

開校したら、いろいろと見せてもらいたい、そんな気持ちです。

まとめ

まだ走り出して1年ということで、今時点で多くの事が決まっているわけでは

ないようですが、特に本城さんの学校づくりに寄せる思いは

とても深く強いものであることを、HPから感じることができます。

今の日本の学校教育は、多くの生徒を管理するために、

その教育内容や時間がガッチリと決められ、

さらに国から降りてくる各種教育にもどんどん時間を奪われています。

部活動の長時間の活動もあり、生徒だけでなく、教員も、

そのシステムの中で身動きできない状態になっていると言えます。

現役の教員であり、部活動顧問をしている友人が

結果を出さなければいけない部活動に対して「辛い」ともらしていました。

子ども達も1日のほとんどを学校に縛られ、やらねばならない事に追われています。

子どもの頃に慣れ親しんだこの生活習慣は、

大人になって長時間労働という形に姿を変えていく。そんな風に

思うことがあります。大げさに思われるかもしれませんが、

無関係だと言いきれるでしょうか。

学校が変われば、教育が変われば、この国は変わります。

学校を作りたいから、楽天の副社長を退任したという本城さん。

課題は山積みかもしれませんが、

一人ひとりが主導的に、自由に学べる。

そんな学校ができるのであれば、見てみたい。

そして、この社会で様々な能力を生かし、自由に生きていける人が多くなる。

そんな日本を見てみたいものです。

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絵本が熱い!人気作家が紹介!子供が喜ぶ絵がない・大人が泣ける絵本

絵本と言えば、子どもに読み聞かせてあげる本というイメージですが、最近では個性的な絵本作家さんも増え、大人でも十分に楽しめ、心が洗われる、そんな絵本が増えています。今回は「世界一受けたい授業」の中で、超 …

センター試験廃止!大学入試はどう変わる?

現在、小学生から高校生のお子さんをお持ちの方で、子どもを大学に行かせたい、または行く予定、というご家庭には気になる「大学入試のセンター試験終了」の事実。センター試験が終わるとか変わるとか言われますが、 …

子どもの教育は学校よりまず家庭!脳の変形を招く親は学力も下げる?

より良い学校、より良い教育!と、我が子に期待をかけ奮闘するのが親というものです。しかし、学校が我が子を素晴らしい人間い育ててくれるわけではありません。最近では親の関わりが子どもの「脳」の発達に大きく関 …

学校がストレスとは限らない?!シュタイナー教育ってどんな教育?

学校というところは、何かと面倒でストレスがたまる場所。そして最悪の場合いじめに合い、子ども時代が台無し。そんなイメージを持っている人も少なくありません。しかし世界を見渡すと、様々な教育があることに気が …

♢♢♢中学校の部活顧問はプレッシャーとの闘い!強制的な自主的活動♢♢♢

中学校の部活動は、建前では「自主的な活動」として行われています。つまり、ボランティアということです。しかし、実際のところは、部活をやりたくない教員も顧問を引き受けざるを得ない現状があります。部活動には …