仕事

仕事を十分休んでワークライフバランスを保てる!週休3日制は実現するか?

投稿日:

週休3日制なんて夢物語。日本人は特にそう思っている人が多いと思います。
「そんな都合のいい話があるわけがない。」「そんないい話があってはならない」「そんな事を考える人間は怠惰な人間だ」いろんな思いが頭の中を通り抜けていきます。しかし、週休3日制はもはや夢物語ではなくなってきています。現実に週休3日制を取り入れている企業が全体の8%ほどあると言われます。働き方については、今、改革が叫ばれていますが、最も改革すべきは、私たち一人一人のマインド(考え方・気持ち)なのかもしれません。

スポンサーリンク

TVで話題になった週休3日制の旅館

『本湯陣屋』の取り組み、先日TVで話題になっていました。
借金10億の旅館を引き継ぐことになった、若いご夫婦のお話でした。若い女将さんには、まだ生まれたばかりのお子さんもおり、子育てと休みなしの旅館業の間で、精神が崩壊するのではないか、というところまでいっていたと言います。
そんな時に、このままではダメだと思い、夫婦で話あって、週休3日制を取り入れたと言います。もちろん、ITの活用や、従業員の仕事の効率化なども併せて行っており、週休3日制だけが好転の転機になっているというわけではありません。しかし、週休3日にしたおかげで良くなった面も事実として挙げられています。

① 子どもとの時間が取れるようになった。
今まで寂しい思いをさせていた子どもたちと十分に時間を過ごすことができるようになりました。お子さんへのインタビューでも「家に帰ったときにお母さんがいるのがうれしい」と言っていました。

② 定休日ができたことで従業員が同じ日に休める
これまではシフト制で休日が定まらず友達と遊べないと予定を組みにくいとか色々とクレームが多かったらしいのです。従業員同士のコミュニケーションも取りやすくなります。また、休みが増えたことで、従業員の集中力が増し、パフォーマンスが良くなったとも伝えられました。

③ 平日は休日ほど部屋が埋まらないという問題の解消
平日に来るお客さんは自分でスケジュールを組める客なので、別日にずらしてもあまり問題がないということが分かり、また、今までの平日はお客さんが少なくても最低限の従業員やコストが必要になるという問題が解消されました。

スポンサーリンク

≪楽になる=上手くいかなくなる≫ではないんですね。

あのホリエモンさんも絶賛した、なんて記事もありますよ。
全てを回しているのが人間である以上、人間が心地よく働ける環境を用意することで、すべての人のパフォーマンスを上げることができるということですね。

最も改革すべきは?

たった今、働き方改革が話題となり、残業を減らす取り組みが行われています。一見素晴らしい働きかけなのですが、なかなか進まない現実もあります。理由は様々あると思われますが、改革を妨げる一つの要因の中に、「私たち日本人に根付いた考え方」というものもあるように思います。
「一生懸命、身を粉にして働くことは美徳である。」
「自己犠牲をいとわず働く人は、素晴らしい人だ。」
「アリとキリギリスなら、アリの方が偉い。」

私たちが当たり前のように教えられてきたことです。しかし、よく考えてみましょう。

「一生懸命、身を粉にして働くことは美徳である。」
→自分を大切にしない生き方は、本当に美しいのでしょうか?

「自己犠牲をいとわず働く人は、素晴らしい人だ。」
→自分を犠牲にしている人が、本当に他人を大切にできますか?

「アリとキリギリスなら、アリの方が偉い。」
→コツコツ働くことは大切ですが、キリギリスの音楽に癒される人だっているのでは?様々な生き方を肯定できませんか?

最も改革すべきは、私たちのマインドなのかもしれません。
陣屋さんの理念・ビジョン・ミッションは、「旅館業を憧れの職業にしたい」というものだそうです。
大切なのは、自分や、自分の大切ものや時間を犠牲にして働くことではありません。大切なのは、何のために働き、社会の中でどんな役割をしているのか、自分たちのミッションは何なのか、ということであり、それを実際にやっていくことです。それが明確であるなら、週休3日であろうと4日であろうと関係はないのです。そして、従業員一人一人が幸せであることが、すべての根幹になるのです。

スポンサーリンク

-仕事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

燃え尽き症候群になりやすい人って?チェックリストでチェック!

今の日本では忙しさなどからストレスを感じながら生活している人がたくさんいます。 特に心配なのが、頑張り屋さんで真面目な人。 スポンサーリンク そんな社会にとっての財産ともいえる方々が、健康で元気に働い …

労働時間が減り、お給料はそのまま。そんな週休3日制が実現する?!

今までは夢物語だと思われていた週休3日制が注目を集めています。NHKのクローズアップ現代でも取り上げられました。週休3日制は、まだまだ試験的に導入しているところが多いですが、そこから様々な可能性が見え …

ドラッカーのマネジメント本はなぜ売れる!?人が最も大切!を簡単活用!

 ドラッカーのマネジメント。この言葉、良く聞きますね。『もしドラ』が流行り、はじめてドラッカーを知ったという人は多いのでは? ドラッカーの「マネジメント」とは、一体、何なのでしょうか?なぜそれほどまで …

週休3日制の企業はどのくらいあるの?導入方法は?

先日、週休3日にした旅館の成功例がテレビで取り上げられました。 「そんなうまい話、本当にあるの~!?」と半信半疑だった日本の方々も、 本当にうまくいっている企業があると聞いてどうですか? 本当にそれが …

残業を減らすメリットとは?社員の本音は??

平成27年3月に閣議決定された「少子化社会対策大網」。 その重点目標の中には「男女の働き方改革」という項目が含まれ、 スポンサーリンク 長時間労働の是正や、職場環境整備について触れられています。 少子 …