教育

スマホを子どもに持たせる=学力低下?!いつから持たせる?規制は?

投稿日:

スマホを子どもに持たせるかどうか、悩む方多いですよね。学校の先生に「いつから持たせたらよいか」を相談する保護者の方がいるという話も聞きます。なぜそんなことをそれぞれの家庭で決めることができないのか、その大きな理由になるは「子どもの友達が持っているから」「仲間外れにされたら困る」そんな思いからではないでしょうか。そもそも考える基準をちゃんとしないといけません。

スポンサーリンク

スマホを子どもに持たせたら勉強は?

友達がスマホを持っている、最近スマホを持っている友達が増えた。

そんな理由で子どもがスマホを欲しがるかもしれません。

「仲間外れにされちゃう」
「友達と話がしたい」

確かに親としては心配にはなります。スマホを持たない事で独りぼっちに

なってしまったらかわいそう。

でも待ってください!

スマホでつながる友達関係、それって本当に大切な友達関係と言えるでしょうか。

スマホを手にした子どもには、かなり厳しいルールを家庭で決めて、

親もそのルールを子どもに守らせなければなりません。

ルールが曖昧なままスマホを持たせてしまうと、子どもがどうなるか想像がつきます。

勉強している時もずーっとスマホに意識がいっています。

スマホが鳴れば、一回一回チェック。

勉強より楽しいですから当然です。

ラインの場合は、自分には直接関係なくてもグループの会話でいちいち鳴ります。

夜も遅くまでスマホを気にしている。既読無視はしたくない。

布団の中でゲームしている。

そのうち、ご飯を食べながらスマホを手にしていたり、

スマホが手放せなくなっていきます。

スマホ保有率と成績の関係は、すでにデータがあり、

スマホを持つと、成績が下がることが分かっています。

勉強より楽しいものを手にしてしまうのですから、当たり前と言えば当たり前です。

最近では中学生もスマホ保有率50%と言われます。

スマホを持たせれば、親が大変になります。

使用時間などのルールをきちんと作る。
時間などルールを決めたら、毎日子どもに声をかけ、それを守らせる。
ルールを曖昧にしたら、成績が落ちる。

分かっている事です。

友達の家がスマホを買ってあげた、とか、学校の先生に意見を聞くとか、

人の意見に左右される必要はありません。

苦労するのは親である自分です。自分の意見を大切にしましょう。

スマホを子どもに持たせるのはいつくらい?

スマホを子どもに買ってあげるのはいつくらいがいいか、

これは確かに気になる問です。

しかし、これには答えはありません。分かっていることは、

小さい頃にスマホを持たせれば、

ルール作りや、ルールを守らせるという親側の責任が発生する事。

スポンサーリンク

データ上、それを怠れば、子どもの成績が落ちる、ということです。

それでも、中学生の保有率が50%を超えてきています。

キッズ携帯ならラインやゲームができないのでいいですが、

親が把握している友達関係以外の外とのつながりが生まれるスマホは、

本当に気を付けて与えるべきです。

実際に、中高生が被害者になるスマホのトラブルは後を絶ちません。

スマホ依存症になってしまう高校生もたくさんいます。

少なくとも、自分の身を守る判断基準が育ってきてからスマホを与えたいものです。

早くても高校生。高校生でも「判断基準が怪しい」と思ったら、渡さないほうがいいのです。

一人ひとり成長も違うのですから、各ご家庭の判断でしっかり考えてください。

スマホを子どもに与える年齢規制はないの?

できれば、国で「スマホは18歳以下は使用不可」と決めてくれればいいのに、

と思う方も最近では多くなってきていると思います。

スマホを与えるのは各家庭の判断ではあるのですが、

子どもには子どものつながりがあり、

そのつながりを維持するために必要、と言われれば親は揺らぎます。

また、9時にはスマホをやめなさい、とルールを決めても、

仲のいい友達がラインをたくさん送ってくるからやめられない、

そんなことも起こります。

そのような悩みから、

各家庭での規制が難しく、学校や地域の単位で規制をしてほしい、

という声もあります。もっと言えば、国で規制をしてくれれば最も簡単なのです。

しかしなぜ国はそれをしないのか。

学力が下がる原因になり得る。
対面コミュニケーションが下手になる。
危ない犯罪に巻き込まれる可能性が増える。

本当の意味で子どもを大切にし、未来の担い手を育てていくのであれば、

スマホの年齢規制はもっと議論されてもいいはずです。

しかし、そのような話は出てきて事がない。

なぜなら、

儲かるからです。

中学生、高校生はスマホがほしい。新しい型にも敏感。

若い子が持ってくれれば、企業が儲かる。

企業が儲かれば、税金も入るわけですね。

だから国も強くは言わないのです。

まとめ

最近はプログラミング教育や、IT係の教育も広がってきています。

もちろん、スマホをはじめ、いろいろな機械に強い世代になってほしい、という

願いはあります。しかし、そのために生み出されている問題からも、

目を背けることが無いよう、

この国の将来のために、今の子どもたちに何を与えるのか、

何を与えないでおくのか、真剣に考えてくれる国であってほしいものです。

また、私たち一人ひとりも真剣に考えていくべきことです。

未熟だからこそ起きてしまうスマホを使った悲しい事例は、あとを絶ちません。

スポンサーリンク

-教育
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東大合格が目標ではない!?でも公立1位!日比谷高校の教育の特徴

都立日比谷高校は、ここ数年で東大合格者数が伸びてきている。しかしこの学校の教育の目的は、東大合格者を増やすことではない!と断言する都立日比谷高校校長先生。いい大学に合格することが人生のゴールではない。 …

子どもの教育で大切な事は?将来必要とされる事は何?これから・・・

情報があふれかえる現代。何を信じて何を根拠に生きればいいのかが、昔よりも分かりづらくなっています。その中の一つに「子どもの教育」があります。この激動の世の中で、子どもをどのように育てたら、その子が幸せ …

都会と田舎の真ん中で子育て?!軽井沢の新しい学校

『都会と田舎、どちらで子育てするのがいいの?』 この疑問はいつの時代もたえることがありません。なぜなら両方を一度に経験することができないから。都会でも田舎でも子どもは育ちます。どちらで育てるのがベスト …

学校嫌いで何が悪い!天才だって!今の教育で本当に主体性は育つか?

6月に入り、新年度がスタートして早くも2か月が過ぎました。スタートから頑張ってきたけれどエネルギーが切れてきた。そんなお子さんが増える時期でもあります。学校については様々な議論がありますが、学校自体が …

子どもの教育が大きく変化する!将来のために理解しておきたいこと

人工知能AIの存在がますます大きくなってくる中、人間の役割もまた見直されてきています。AIができることは人間はやらなくていい、そんな時代がやってきます。そんな中、大学入試センター試験も、2020年に、 …