生活全般

梅雨の生乾きの嫌な臭い。ワンポイント対策!

投稿日:

いよいよ関東が梅雨に突入したようですね~。

さて、これからの梅雨で嫌な事と言えば、ジメジメした毎日。

そして生乾きの洗濯物です・・・

スポンサーリンク

生乾きの嫌な臭い、なぜ起こるの?

平成22年までの過去30年の平均の梅雨入りの日付、今のところだいたい合っています。

年月かけて蓄積されたデータって素晴らしいですね。

☆九州南部   5月31日ごろ
☆九州北部   6月 5日ごろ
☆四国     6月 5日ごろ
☆中国     6月 7日ごろ
☆近畿     6月 7日ごろ
☆東海     6月 8日ごろ
☆関東甲信   6月 8日ごろ
☆北陸     6月12日ごろ
☆東北南部   6月12日ごろ
☆東北北部   6月12日ごろ

ところで、梅雨になると、洗濯物の「生乾き」のニオイ、気になりますよね。

仕事で家にいないから除湿器をかけておくこともできないし、

部屋干しすると、夕方には臭くなっている。

タオルなどの生乾きのニオイ、使う時に本当に残念な気持ちになります。

生乾きのニオイは、長い時間、湿った状態でおいておくことで起こります。

スポンサーリンク

十分な水分があると、洗い流せなかった汚れや洗剤が変質したり、雑菌が増殖したりします。

そして、その雑菌がニオイのもととなります。

要するに、長時間湿った状態にしなければ、臭くならないということです。

梅雨時期でも短時間で洗濯物を乾かすことでできれば、洗濯物の

生乾きのニオイから解放されることができます!

生乾きの嫌な臭い対策!

生乾きを防ぐ方法として、抗菌の洗剤を使うことが、

最も簡単な方法だと思います。

ただ、これは、湿った状態を短くすることはできません。

そこで、洗濯物が湿っている時間を短くする、という視点で、

意外な方法があります。

それは、『新聞紙』

新聞紙を一枚、ハンガーにかけます。ハンガーでタオルを干すときと

同じように、新聞紙をハンガーにかけ、そして、

洗濯物と洗濯物の間にその新聞紙をかけたハンガーをかけます。

これだけです。

新聞紙は湿気を良く吸うので、ただ洗濯物の間にかけておくだけでも、

水分をけっこう吸ってくれて、乾くのが早くなるという事です☆

とっても簡単ですよね!

スポンサーリンク

-生活全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

内祝いとしてのお返しの相場は?いつまで?品物の定番とNG

家の中でお祝い事があった時、その幸せをご近所や親せきに分け合う意味で行われてきた「内祝い」ですが、今では、お祝いをいただいた方へのお返しの意味で行われることが多くなってきたでしょうか。今回は、主に結婚 …

七五三はいつ頃行われる?何をするの?着物はどんな?親は何を着る?

お子さんが初めての七五三!というご家庭では、そろそろソワソワし始めるころでしょうか。外野からも「七五三どうするの?」なんて声が聴こえてきたリ、おじいちゃんおばあちゃんは孫の晴れ姿を楽しみにしているもの …

なぜ片づけられない?捨てられない?その理由と解決法!

片づけられない、捨てられない。物が多く豊かな現代。試しに安く買って使ってみたけれど今は使っていない。思い切って高いお金を出して買ってみたけれど、それほど使うことはなかった。事情は様々ですが、今、「捨て …

2017年梅雨入り梅雨明けはいつ?!傘はオシャレに!楽しく!憧れの傘も!

今年も梅雨がやってきますね。 梅雨は、春から夏にかけて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。 いい季節とは言い難いですが、そんな梅雨も楽しく過ごしたいものです。 スポンサーリンク さて、今年、2 …

父の日のプレゼントのアイディア!お父さんたちの本音は?

6月に入ると「父の日」がやってきますね。「母の日」に比べるとちょっと忘れがちな「父の日」ですが、いつまでも元気でいてほしい、いつもありがとう、そんな気持ちを込めて何か贈り物をしたい、そんな思いがわいて …