教育

子どもが勉強しない!一緒にやってもだめ。なんて声がけする?

投稿日:

子どもが勉強しなくて、イライラする。

こんなことは良くあることですが、それでも親としては何とかしたい。

下手に何度もうるさく言うともっとやらなくなりますよね。

何か効果的な声がけはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

子どもが勉強しない!

子どもは多くの場合勉強が嫌いです。できれば一日中自由に遊びたい。

そう思う子は多いでしょう。

もちろん中には勉強が好きな子もいますが、

その数は多くはなく、特に一人で宿題をやることについては、

勉強が嫌いではないという子だって、

やらなくていいと言われたらやらない!という子がほとんどだと思います。

それでも、

よりいい学校に進学させたい
せめて周りの子と同じように出来てほしい
せめてどこかに進学できるだけの力をつけてほしい

など、親は期待と不安を抱えるものです。

でも、親が言えば言うほど

「分かってるよ!今やろうと思ってたのに!もうやる気なくなった。」

と言って、結局勉強しない、よくありますよね。

子どもの隣で一緒に勉強に付き合ってあげる

「きっと一人ではできないのだろう。一緒にやっであげるか。」と思って

子どもの隣に座って「頑張って!頑張ればすぐ終わるよ」なんて声をかけて励ます。

親としては一生懸命やっているつもりなのに、

子どもは結局集中できず、ウダウダ時間だけが過ぎる。最後には頭にきて、

「いつまでダラダラしてるの?!ちょっと頑張ればすぐ終わるでしょ?!終わるまではゲームもダメだからね!」

みたいなことになって険悪なムードになる。

こんな時、状況を変えられる画期的な言葉ってないのでしょうか?

子どもが勉強してみようかな、と思う言葉とは?

普段はとってもいい子でかわいい。でも勉強や宿題となると、

何を言っても逃げる事しか考えていない。そんな時、何とか少しでも勉強させたい。

スポンサーリンク

子どもの隣に座って勉強するように促しながら、ウダウダしていて進まない手元を見ていると

こちらもイライラが最高潮までつのります。

さて、こんな時、

「あのさ~○○くん。今、お母さんはなんて思っていると思う?」

こんな風に、お母さんはなんて思っていると思うかを子どもに尋ねてみます。

愛情を受けて育っていて、相手の気持ちがある程度分かる子なら、

「ダメだな~って思ってる」
「呆れてる」
「怒ってる」
「ダメな奴だと思ってる」

なんて自分を責める事を言うかもしれません。

この時、子どもが少しでもその質問に興味を示したらチャンスです。

親:「本当にそう思う?」
子:「うん。」
親:「ダメな奴なんて思ってないよ。お母さんはね、・・・」

ここで本当に自分が思っている気持ちを言ってあげてください。

「とってもとっても心配なんだよ。」とか、
「どうしてそんなに勉強が嫌なのかな~って不思議なんだ~」とか。

たぶん子どもはこの後何かを話し始めます。そしたら

よく聞いてあげましょう。そして、

一緒に解決法を探していきましょう。

まとめ

「あのさ~○○くん。今、お母さんはなんて思っていると思う?」

子どもに聞いたときに、もし、

「知らない。そんなの分かりたくもないし。」

というような冷たい言葉が返ってきたら、もしかしたら、

普段から少し愛情不足かもしれません。これは少し危険信号ですので、

お子さんとの時間をしっかりとり、愛情を感じられるよう

もっと会話をしてあげてください。

子どもは素直なので、言葉一つでその後の対応が大きく変わってきます。

子どもはいつも自分の話を聞いてほしいと願っています。そのことを忘れずに、

子どもが自分の事を話しやすい環境を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男性と女性の脳は子どもの頃から違う!兄弟も!育て方で大切な事

  男性と女性の脳は全く違うのだ!と、よく言われますが、性別による脳の違いは、子どもの時からあるようです。子育てをしていて、女の子と男の子では全然違うのは、そもそも脳が違うのだから辺りまえと …

受験生の親の言葉は影響大!うざいのは逆効果!できることは?

受験シーズン真っ只中という学生さん、そしてそれを支える保護者の方々。年末とはいっても心が休まらないという方も多いかもしれません。本人が大変なのはもちろんですが、親として何をすべきなのか、何をすべきでは …

学校がストレスとは限らない?!シュタイナー教育ってどんな教育?

学校というところは、何かと面倒でストレスがたまる場所。そして最悪の場合いじめに合い、子ども時代が台無し。そんなイメージを持っている人も少なくありません。しかし世界を見渡すと、様々な教育があることに気が …

子どもの教育が大きく変化する!将来のために理解しておきたいこと

人工知能AIの存在がますます大きくなってくる中、人間の役割もまた見直されてきています。AIができることは人間はやらなくていい、そんな時代がやってきます。そんな中、大学入試センター試験も、2020年に、 …

吹奏楽部は「ブラック部活」?!得をしているのは誰だ?!

吹奏楽部は「ブラック部活」なのか――。8月1日にNHKの「クローズアップ現代+」で、「ブラック部活」の特集が組まれ、野球部と並んで吹奏楽部での事例が紹介されると、ネット上でも元吹奏楽部や現役部員が一斉 …