社会

人間とは?集中力が高まる時間帯を知って効率的に仕事したい!

投稿日:

人が人である以上変わる事のない本質があります。その中の一つに、「集中力が高まる時間帯」があります。これまでもそして今現在も、日本の多くの場所で人の本質をベースにした考え方が見落とされている現実があります。人間とは、○○な生き物である。人間の本質をベースに、仕事の仕方や長時間労働とのかかわりについて考えます。

スポンサーリンク

集中力が高まる時間帯は?

人間が人間である以上、朝起きて、夜眠るまでのサイクルの中で、最も集中力が高まる時間帯があります。それは、

午前10時~12時くらいの時間。

朝食を食べてしばらくし、少しお腹が落ち着いてきた9時半くらいから集中力が上がりはじめ、お昼でお腹がすく前くらいまでが集中力のピークになります。したがって、この時間帯は何をするにしても仕事がはかどり、気持ちよく体を動かしたり勉強したりすることもできます。皆さんも思い当たることがあるのではないでしょうか?

また、午後4時くらいも集中力が高くなるというデータもあります。

逆に集中力が最も落ちてしまう時間帯は何時くらいでしょう?経験から分かる方も多いと思いますが、

午後1時~3時くらいと言われます。

確かに、お昼を食べた後の仕事効率は、午前中の仕事効率に比べるとだいぶ落ちます。これは自分だけではなく、人であればみんなこのような傾向があるという事です。もし、どうしても午後の仕事効率を維持したければ、昼寝をすることで回復することができます。
アメリカでは昼寝をほんの26分するだけで、業績が34%、集中力は54%も高まるという研究結果を受けて、雇用者の多くが従業員に十分休息をとってもらいたいと思うようになり、職場に昼寝スペースを設けた企業が数多くあると言います。グーグル(Google)やナイキ(Nike)など、良く知られている企業もその中の一つです。
参考サイト

スポンサーリンク

集中力が高まる時間と仕事効率

最近では長期労働の規制が始まっていますが、これまで日本の社会は『長時間働く=成果が出る』と考えてきました。少ない人数で長時間働くことで何とかやってきたのです。しかし、そこで見落とされてきたことが、「人の集中力」です。1時間あたりどれだけ効率よく働けるかを考えるとき、「集中力」という項目を外して考えることはできません。仕事効率は「時間 × 集中力」となります。だらだらと時間を過ごしたところで、仕事がほとんど進まず、成果が出ないということはよく起こります。
 
 集中力が高まる時間帯が午前中なので、この時間に重要な会議や打ち合わせなど、企業の要となる仕事を優先的にいれていくことで、効率が高くなると考えられます。また、午後の仕事効率を高めるために、昼寝スペースを設けたり、昼寝のメリットを社員で共有することにより「仕事中に昼寝」することに抵抗のある社員や社内の雰囲気を変えていくことも大切だと考えられます。

集中力と長時間労働

厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針の改定に関する検討会報告書」では、

『人間が十分に覚醒して作業を行うことが可能なのは起床後 12~13 時間が限界であり、起床後 15 時間以上では酒気帯び運転と同じ程度の作業能率、起床後 17 時間を過ぎると飲酒運転と同じ作業能率まで低下することが示されている。』とされています。
参考サイト

今までの日本の社会は、少ない人数で長い時間働くことでここまでやってきました。高度成長期、多くの日本人が、自分を犠牲にして国のために頑張ってきました。しかし、高度成長期が終わり、明らかに成長することが実感されなくなった今、長時間労働に喜びを見出すことはできません。労働時間が長くなればなるほど、集中力は落ち、最後にはお酒に酔った人が仕事をするのと同じくらいの集中力になるのです。

 夜9時以降の労働を平気で課しす企業は現在では少なくなっていると思われますが、この報告書からも明らかなように、長時間労働の効率は私たちが思っている以上に悪いと言えます。また、健康にも悪いのですから、将来かかることになる医療費を考えれば、いいところを見つけることの方が難しいと言えます。どうしても長時間労働をしなければならない繁忙期などは、昼寝をするなどして集中力を高め、身体を維持しする工夫をする必要があります。

まとめ

 人が人である以上、どうしても集中しやすい時間帯があり、集中できない時間があります。また、集中力は60分程度しか続かないというようなデータもあります。人間とはどういう生き物なのか、どういう時に効率よく働き、どういう時に効率が悪いのか。「頑張れ、頑張れ!」と精神論で戦うのではなく、人が心地よく集中して効率よく働ける環境を、日本はもっと積極的に開拓してもいいのではないでしょうか。世界を見渡せば、面白い試みをしている元気な組織がたくさん存在します。

スポンサーリンク

-社会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

♢♢♢幸福度ランキング。世界の中で日本は?その調査方法や種類♢♢♢

毎年恒例の「幸福度調査」。日本は何位だったのでしょう?また、幸福度を測る調査には様々なものがあるようです。今回はその中の一つから、調査方法やその結果についてお伝えします。 スポンサーリンク 関連

結婚できない理由は家庭環境?!世の中も結婚しづらい現代

結婚したいのにできない。そんな大人が増えています。一般的には、女性が稼げる世の中になった、とか、忙しくて時間が無くなっているから、などと言われます。もちろんこれらの理由も間違ってはいないのですが、その …

人間とは?集中力が高まる時間帯の研究から効率的に勉強したい!

人が人である以上変わる事のない本質があります。その中の一つに、「集中力が高まる時間帯」があります。これまでもそして今現在も、日本の多くの場所で人の本質をベースにした考え方が見落とされている現実がありま …

また週休3日制を大手が導入!北陸電力、佐川、ヤマトと続々!

少し前までは、夢のまた夢。そう思っていた「週休3日制」が、どんどん導入されています。そして今回、大手電力の北陸電力が、週休3日制導入を試験的に導入するというニュースが流れました。この制度により、企業も …

企業の利益を増やすカギはメンタルヘルス!国の損失は7千億円以上!

働く人のメンタルヘルスが、企業の利益や国に影響を与えるということが明らかになってきました。精神を病むほどガムシャラに働かせても、利益は上がることはないようです。 スポンサーリンク 関連