美容

ダイエットのリバウンドは高確率?!成功させる糖質制限とは?

投稿日:2017年4月14日 更新日:

4月になると新年度となり、新しい出会いの季節ですね。

新生活を始める皆さんは、不安の中にも希望があふれているのではないでしょうか。

さて、そんな明るい春の出会いの季節ですが、それに伴い、歓迎会などの催し物が多い季節でもありますね。

年度末のお別れ会などと合わせて、食べ過ぎ飲み過ぎが気になる季節でもあります。

今年度こそはダイエットを成功させたい!と思いながらも、なかなか結果が出ない方、

そもそもダイエットが成功する確率って高いのでしょうか?

スポンサーリンク

ダイエットでのリバウンドの確率は?

あるアンケート結果では、ダイエットに挑戦したことのある人は、

調査対象者の8割にも及ぶと言われています。

しかし一方で、リバウンドを経験する人もかなり多いようですね。

2007年にアメリカで行われた、食事制限およびカロリー制限に関する研究結果のまとめでは、

『ダイエットによる減量効果や健康上のメリットはほとんど認められず、むしろ害になっていると発表されました。ダイエットした人のほとんどは、やがてダイエット中に痩せた分の体重が戻っていまうばかりか、むしろ逆に増えています。実際、ダイエットは体重を落とすよりも「増やす」効果のほうが大きいほどです。
※著書「スタンフォードの自分を変える教室」より

ダイエットに挑戦してリバウンドをしたことで、

自分を責めたり自分に対してダメだしをしたりしている、そんな人も多いですよね。

特に、ストイックに自分を追い込むような、意志の強い人ほど、

短期間に何キロも痩せて、その後リバウンドしたりします。

そして「自分は意志の弱い人間だ」なんて自分を責めたりします。

しかし、ご安心ください。

この調査結果からも分かるように、あなたが弱い人間なのではなく、

ダイエットの後にリバウンドする人は、かなり多いのです。

むしろ、リバウンドせずに落としたままの体重を維持する人は、ごくわずか。

ダイエットではリバウンドするのが普通ということなのです。

意志の強い人であればなおさら、ダイエットすればするほどうまくいかないのです。

では、もはや、ダイエットはやるだけ無駄なのでしょうか?

数少ない成功者は、どのようなやり方で、リバウンドせずにダイエットを成功させたのでしょうか?

ダイエットでリバウンドせずに成功するには?

ダイエットにおいて注目されるのは、

「脂肪」「糖質」など、何を控えれば痩せられるのか、というような、方法論についてです。

しかし、人間である以上、忘れてはいけないのが『心』です。

最も重要なのは、どのように『心』をコントロールするのか、です。

ダイエットに関わらず言える事ですが、

今の自分とはかけ離れた、無理な我慢を強いる事は、長続きしないのです。

大好きなアイスクリームを一生食べない!

揚げ物は大好きだけど、10キロ痩せるまでは絶対食べない!

などといった、自分にとって辛すぎるルールを自分に課すことは、

リバウンドへの近道とも言えます。

短期間であれば、辛い事も体重を落とすために続けることができますし、

実際体重も落ちるでしょう。しかし、

「やっぱりやーめた!」「目標達成したから、ご褒美に食べたいものを食べたいだけ食べよう」

「こんなに頑張ったんだもの。少しくらいいいよね・・・」

こんな気持ちが心の中に生まれたら最後、この誘惑を止めることはもはや不可能です。

その誘惑の強さは、今までの我慢の量とイコールになるのです。

そこで、こんな状態を防ぐために取り入れたいのが、

無理のない『習慣化』です。

例えば、歯を磨くときに、

「よーし!頑張って歯を磨くぞ~!健康のために、毎日続けるぞー!」

と気合を入れて磨く人はあまりいないでしょう。

同じように、テレビを見るときに

「さて!いよいよ電源を入れてテレビを見るぞ!頑張って続けるぞ!」

スポンサーリンク

と自分を奮い立たせる人もあまりいないでしょう。

歯磨きやテレビをみる、などの何気ない毎日の習慣の一つに、

ダイエットに役立つ何かを取り入れていくのです。

自分にとってはそれほど大変ではなく、やっているうちに、やって当たり前になりそうなこと。

なるべく意志力を使わず、継続できることを取り入れていきます。

その際、

☆食べ物や飲み物の摂取に関する事
☆筋トレに関する事

まずは、この2項目だけを生活に取り入れることをおススメします。

とにかく、自分にとって辛い事、我慢を強いることをできるだけやらない。

これがリバウンドを防ぐカギになります。

話は少しそれますが、

ダイエットのためにはじめたマラソンだったけれど、結果としてマラソン自体が楽しくなって、

目的がダイエットではなく、いかに長く走れるかに変わった。それによってダイエットがうまくいっている。

これは理想的ですね。ただ、このように結果としてうまくいくことはあっても、

狙ってこのような心の状態を生み出すのは少し難しいかもしれません。

そこで、ここでは、糖質制限と筋トレについてお伝えしたいと思います。

ダイエットでリバウンドしないための糖質制限のススメ

最近話題の、糖質制限ダイエット。

これは、最も簡単に体重を落とすことができる、おススメの方法ではあります。

ただ、

どの食材にどのくらいの糖質が含まれているのか、その食材は普段どのくらいの量、自分が食べているのか、

料理にしてしまうと、糖質の量がはっきり言って分からない。

糖質はゼロにしてはいけないと聞くが、どのくらいなら摂取していいのか、

など、複雑で分からない、というのが正直なところです。

しかし、ココでおススメする方法は、

何か一つだけ、自分にとって辛くない、習慣化できそうなルールを決めて、継続する、ということです。

そこで、例えば、

白いご飯を、小さな器に盛りつけるようにする

ご飯は好きだから、糖質の低い麦を混ぜて炊く

ビールは、糖質オフを徹底する

間食をするときは、ナッツにする

など、何か一つだけ、自分ができることをルールとして継続しましょう。

あくまでも、我慢が少なく、効果のあるルールを選ぶことです。

このルールと合わせて、筋トレもやっていきましょう。

糖質を制限すると、筋肉量が減る、ということも言われます。

これを防ぐために、二日おきくらいに筋トレをします。

腹筋、背筋、スクワット、腕立て。

全部やってもいいですし、自分がやりやすいものから少しずつ取り入れてもいいです。

ただし、正しいやり方で実行できるよう、少し勉強してから行いたいところですね。

ほんの少しのやり方の違いでも、筋トレの効果は大きく変わってきます。

回数も自分にとって大変ではないところから始めましょう。

そのうちに「やらないと落ち着かない」なんて感じになれば、健康のために続けることもできるでしょうし、

続けていくうちに、回数も少しずつ増やしていける自分になっていきます。


まとめ

多くの場合、

自分にとって苦しい事を我慢して続けていくことが素晴らしい!

そんな誤解をしがちです。

しかし、小さなこと、自分にとって余裕をもってできる、自分にとって良い事を、長く続ける事によって、

いつの間にか、大きな成果を手に入れることができます。

スポーツや勉強、ダイエット、すべて同じことが言えます。

無理のないダイエット習慣を、当たり前のように続ける事で、健康で穏やかな毎日を過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

-美容
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

髪の痛みも気にならない?!気持ちよくて癖になるヘアブラシ

年齢とともに髪の毛の質も少しずつ変わってきます。若い頃のように張りのある髪の毛ではなくなってきたり、細くなってきたリ、変な癖が強くなってきたリ。ヘアブラシにはあまりこだわらないという人もいると思います …

肌の乾燥が改善し、目じりのしわが薄くなる。こんな簡単なのに??

ここで紹介していることを、自分でも実践してみました! スポンサーリンク 今回はシンプルに実践報告です。 スポンサーリンク 関連

ダイエット、失敗の原因は遺伝子?!検査で分かる自分のタイプ

ダイエットが上手くいかない。 永遠の課題と言えるほど、多くの人が悩まされているダイエット。 スポンサーリンク 最近、遺伝子の違いがダイエットの成功に大きく関係があると話題になっていますね。 スポンサー …

足の使い方がO脚の原因?!歩き方改善と靴の選び方

健康ブームから、ウォーキングを生活に取り入れている人が多くなっています。 その一方で、歩き方が悪いと、脚だけでなく、体全体をゆがませる原因にもなり、 時には膝や腰の痛みを引き起こしたりもします。 スポ …

体の臭いは洗い方で減らせる?!ストレス、ダイエットで臭いが増す!

暑くなってくると、自分の体の臭い、気になりますよね。自分ではわからない臭いですが、男性、女性ともに、30代から変わり始めるのだそうです。年齢とともに臭いが変わるのは仕方がない。でも、最善は尽くしていき …