教育

学校がストレスとは限らない?!シュタイナー教育ってどんな教育?

投稿日:2017年5月1日 更新日:

学校というところは、何かと面倒でストレスがたまる場所。そして最悪の場合いじめに合い、子ども時代が台無し。そんなイメージを持っている人も少なくありません。しかし世界を見渡すと、様々な教育があることに気が付きます。今回はその中から、シュタイナー教育を取り上げます。

スポンサーリンク

シュタイナー教育って何?

シュタイナー教育の理念は次のようなものであると考えます。

「学校が国家や経済界が求める『労働機械』の育成の場になっていることを指摘し、学校を国家及び経済界から独立した『完全に自由な精神生活』の場とすること。」

ちょっと難しいですが、学校という場所が、国家や経済活動のために働ける人間を作っている場所になってるのではないかという指摘から、そうではなく、身体も心も一人ひとり違って自由であり、そして自分で自分を成長させる力を身に着けさせる教育こそ真の教育であること。みずからを成長させつつ、社会に寄与しようとする人間の育成を目指すというもの。

先生という存在も、知識を教えて、テストして、成績を付けて・・・という存在ではなく、こどもたちが「自由な自己決定」を行うことができる「人間」となるために、その過程を補助する存在と考えられているそうです。それぞれの子供の中に秘められた能力や才能を見極め、それが開花することを手助けするという困難な役割を果たすことが期待されるのだとか。



シュタイナー教育ってどんな教育?

教育実践であるシュタイナー教育を日本に紹介した子安 美知子(日本のドイツ文学者、ドイツ語翻訳者で早稲田大学名誉教授)によると、シュタイナー教育の実践の特徴として、次の4点をあげています。

①エポック授業
毎日、第1時限目に行われる「エポック授業」では、同じ科目を3週間ほど集中的に学習するそうです。国語を3週間ずっと学ぶ。算数を3週間ずっと学ぶ。こんな感じでしょうか。

②教科書を使用しない
既存の教科書は使わず、「エポック授業」の内容を生徒がノートに書き入れながら作っていく(エポックノート)。これが彼らの教科書になっていきます。教科が変わるとノートも変わります。

③1年生から8年生までは同一の担任による「持ち上がり」制
7年間同じ先生が担任なんですね。9年生から12年生までは担任制ではなく「エポック授業」を担当する教師がクラスの「相談役」となるそうです。

④テストと点数評価はありません
通知表には先生から各教科での成長プロセスなどが書かれます。

また、シュタイナー教育では、0歳~21歳を年齢によって3期〔第1七年期(0〜7歳)、第2七年期(7〜14歳)、第3七年期(14〜21歳)〕に分け、発達段階に応じた教育課程を実施してきます。年齢によって教育課程が違ってくるのですね。

スポンサーリンク

シュタイナー学校がどこにあるのかという事ですが、自由ヴァルドルフ教育連盟(Bund)の『ヴァルドルフ学校リスト』に掲載されている学校は以下の7校のみだそうです。
〇学校法人シュタイナー学園初等部・中等部・高等部(神奈川県相模原市)
〇学校法人北海道シュタイナー学園(いずみの学校)(北海道虻田郡豊浦町)
〇NPO法人東京賢治シュタイナー学校(東京都立川市)
〇NPO法人愛知シュタイナー学園(愛知県日進市)
〇NPO法人京田辺シュタイナー学校(京都府京田辺市)
〇NPO法人横浜シュタイナー学園(神奈川県横浜市)
〇福岡シュタイナー学園(福岡市)
(ウィキペデア、シュタイナー学園HPより引用させていただいています。)

シュタイナー教育っていい教育?

シュタイナー教育に対しての意見は、他の教育と同じように、肯定派、否定派、両方存在しています。

肯定派では、
子供たちの心を豊かにし、創造力を養うことができる。とか、作家のミヒャエル・エンデは、戦後一時シュタイナー学校に通っていましたが、在校時その教育を高く評価し、学ぶ喜びを知ったと述べているそうです。またシュタイナー学校の卒業生には、プレッシャーがない中で本来の自分になる素晴らしさを讃える声もあります。

否定派では、
自由な教育の代償としての学力問題を指摘しています。テストなどで高い点数を取る必要もないため、大学進学などを考えると不安が多いのが現実。ゆっくり子ども主体で進むので、どうしても進度が遅くなってしまうということもあります。

シュタイナー教育を受けた俳優さんとして公表しているのが、斉藤工さんや村上虹郎さん(UAのお子さん)。黒柳徹子さんもそうですね。また、先ほどあげたミヒャエル・エンデ(「モモ」の著者)。

シュタイナー教育はさまざまな場所で叩かれてもいますが、決して悪いものではなさそうです。ただ、今の日本社会がシュタイナー教育卒業生の適応できる社会かどうかと言われると、もしかしたら難しい部分もあるのかもしれません。

まとめ

シュタイナー教育はその根本に、国家や経済活動のための人間を育てることに対する懸念があります。そのため、現在の日本の教育環境とは真逆とも思える印象があります。そう考えると、卒業した後に社会に適応できないのではないかと言われたり、時にはカルト的な扱いを受けてしまうことも何となく理解できます。

あまり信じたくはありませんが、現在の先進国の教育が「労働機械の育成」であるという指摘は、シュタイナー教育だけではなく、他の書籍でも似た文面を時々目にします。サラリーマンとして文句も言わず黙々と働く私たち日本人の原点が、実は今の学校教育にあったととすなら・・・。

今の日本の教育が正しいとか間違っているとか、シュタイナー教育が正しいとか間違っているとか、どちらが正しいのかという議論ではなく、シュタイナー教育が「労働機械の育成」に異議を唱えているという事実に耳を傾け、私たち一人一人が教育の大切さを感じ、国や制度に任せきりにならず、これからの教育を選択してく力をつけていくことも必要なのでは、と考えされられます。

スポンサーリンク

-教育
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教員の仕事は辛いまま?スッキリしない部活動の位置 減らす策は?

『あなたは、今日から「あなたのチーム」を持つことができます!と言うか、あなたは断ることはできません。責任は発生しますが、お金はほとんどだせ出せません。そして、あなたの好きな競技を選ぶことはできません。 …

スマホを子どもに持たせる=学力低下?!いつから持たせる?規制は?

スマホを子どもに持たせるかどうか、悩む方多いですよね。学校の先生に「いつから持たせたらよいか」を相談する保護者の方がいるという話も聞きます。なぜそんなことをそれぞれの家庭で決めることができないのか、そ …

スマホ、高校生の所持率は?!厄介な依存症とその実態

中高生のスマホの使い方については、様々な意見や議論があり、実際に親もどうしていいか分からないという事も多いです。なぜなら今40代以上で親をやっている世代は、自分たちが中高生の頃は、携帯電話がまだ無かっ …

過熱する部活動は運動部ばかりではない!

部活動問題といえばスポーツの問題にフォーカスしがちですが、文化部にも問題があります。それは吹奏楽部です。テレビなどでも取り上げられ話題となっており、女子中高生が熱心に取り組んでいる姿が視聴者の心を打ち …

ゲーム時間と成績の関係は?時間制限できる?You tubeも問題。

先日「ゲームを許可されている子の方が、禁止されている子よりも、集中力があり、成績もよい」という記事が話題になりました。でも、ゲームを無制限にしていい、という訳ではない。また、最近はyou tube も …