教育

子供の将来が不安?AIで職業は減るのか?親が知っておきたい事

投稿日:

AIが思いのほか早く私たちの生活に入り込んできました。2020年から大学入試センター試験に変わる、新しい試験も始まります。今の子ども達が身に着けておきたい大切なことは何なのでしょう?

スポンサーリンク

子供の将来は、AIや教育の変化でどうなるのか不安

きっとずいぶん先の話だろうと思っていた「AI」が、あっという間に身近に感じられる時代になってきました。AIの登場によって、既存の仕事がたくさん不要になる、なんていう話も、もう現実となってきています。

それに伴い、学校で行われている教育の内容も、大きく変わっていかなければいけないのですが、多くの教育現場での変革はまだまだ小さく、学校が時代の先を言っているとは言い難いのが現状です。大学入試が変わるからと言って、日本全国にある小中高すべての学校を改革するのは容易な事ではないのです。なぜなら、教える人は同じですから、まず、先生たちがこの変化について学ばなければなりません。しかし、学ぶといっても、学ぶ場所がないのが現状です。

子供が大人になる将来、失われる職業

先日、
みずほフィナンシャルグループで、2026年までに1万9000人削減
三菱UFJフィナンシャル・グループでは、2023年度までに6000人削減

という発表がありました。にわかに信じがたいですが、実際に日本で時代が変わり始めたということです。

アメリカでは、次の仕事が機械によって奪われると発表されています。

1.小売店販売員
2.会計士
3.一番事務員
4.セールスマン
5.一般秘書
6.飲食カウンター接客係
7.商店レジ打ち係や切符販売員
8.箱詰め積み降ろしなどの作業員
9.帳簿係などの金融取引記録保全員
10.大型トラック・ローリー車の運転手
11.コールセンター案内係
12.乗用車・タクシー・バンの運転手
13.中央官庁職員など上級公務員
14.調理人(料理人の下で働く人)
15.ビル管理人
16.建物の簡単な管理補修係
17.手作業による組立工
18.幹部・役員の秘書
19.機械工具の調整を行う機械工
20.在庫管理事務員 ダイヤモンドオンライン

これはあくまでアメリカの発表なので、日本と一致するとは言い難いですが、それでも、私たちが思っているよりも精密な仕事でさえ、機械ができるようになってしまうという事が読み取れます。

スポンサーリンク

子供の将来のために親が知っておくべきこと

そんな中、親は、我が子にどのような教育をすればいいのか親としてできることはないのか、迷っている、焦っている、という方も多いのではないでしょうか。

子ども時代は一度しかなく、子どもの頃につける力は、その後の人生を左右すると言っても過言ではありません。現に、私たち一般の人々を魅了するような有名な方々、将棋、野球、音楽、ダンス、スケートなど、様々な分野で活躍する人たちが目を引きますが、彼らは保育園児や小学生のころから、これらの技能を身に着けはじめ、今に至っています。

こんな風に、特殊な能力までは必要ではないけれど、勉強がそこそこできる子どもであってほしいし、激変する社会の中でも、自分で自分の道を切り開ける大人になっていってほしい、そんな方も多いでしょうか。

先日、林修先生は、番組の中で、東大生の親が実践している事について、教えてくださいました。
今の子ども達にどんな力をつけさせたいか、について、林先生は次のようにおっしゃっています。

これからの社会で通用するようになるために必要な事は、

『問題解決する能力と、新しいものを創造する力である』と。

そして、まさしく、今後の大学入試でも求められるであろう力が、この二つになるのです。

保育園児、小学生、中学生のお子さんを持つ方々は、このことを覚えておく必要があります。そして、子どもに『問題解決する能力と、新しいものを創造する力』を付けるために、親としてできることをしていくことが大切です。

では、『問題解決する能力と、新しいものを創造する力』を子どもにつけるために、親は具体的に何をすればよいのでしょうか。林先生がおっしゃる方法は意外とシンプル。そして共感できます。続きはまた次回。

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホ、高校生の所持率は?!厄介な依存症とその実態

中高生のスマホの使い方については、様々な意見や議論があり、実際に親もどうしていいか分からないという事も多いです。なぜなら今40代以上で親をやっている世代は、自分たちが中高生の頃は、携帯電話がまだ無かっ …

都会と田舎の間で子育て?軽井沢の新しい学校「軽井沢風越学園」って?

2020年に開校を目指しているという「軽井沢風越学園」。「自由だ、幸せだ」と実感をもって生きられる理想の社会を実現するために、軽井沢風越学園では、このような社会の担い手を増やす教育をしていきたい。そん …

英語の究極の学習法は?そして発音はアルファベットのフォニックスから

日本の学校教育では、中学校、高校、大学と合わせて9年も英語を勉強したのに、あまり英語をしゃべることができないというジレンマを抱えてきました。そのため、多くの大人たちは、自分には英語は向いていないのでは …

ゲームにハマる子ども!やめさせたい!言う事を聞かない!どうする?

「子どもがゲームばかりしていて勉強しない。」「勉強しなさい」と言っても子どもは全く動かない。そんな話はよく耳にします。最近では、ゲームをしても時間制限を守ればメリットもある、という話もあります。ゲーム …

東大合格が目標ではない!?でも公立1位!日比谷高校の教育の特徴

都立日比谷高校は、ここ数年で東大合格者数が伸びてきている。しかしこの学校の教育の目的は、東大合格者を増やすことではない!と断言する都立日比谷高校校長先生。いい大学に合格することが人生のゴールではない。 …