生活全般

雪国の車の運転にはコツがある!ブレーキを踏むのは危険!対策とは?

投稿日:

先日、東京に雪が降りました。なんと4年ぶりだといいますが、そのパニックの様子がすごかったですね。しかし、よく考えてみたら、毎年雪と戦っている雪国の皆さんは、あんなパニックには絶対になりません。今回は雪国の、特に車の運転についてのコツをお伝えします。

スポンサーリンク

雪の日の車の運転は危険。でも・・・

東京に雪が降った日、車の追突事故が数百件にも及んだと報道がありました。その雪の量は、雪国とはくらべものにならないほど少ないにもかかわらず、すべてがパニック状態でした。人は転び、自転車も転び、車はあちこちでぶつかり、電車は止まる。高速道路も氷がはっていました。あれでは高速として使う事はできません。
あれだけの量の雪が降るのは、都会では珍しく、対策が追い付かなかった、というところでしょう。本来であれば、雪が降ったら出かけない、という選択をしたいところですが、それができない時もありますよね。

雪国では、毎年大量の雪が降ります。その雪の中でも、皆さん車を運転しています。しかし、それほど多くのスリップ事故は起きていません。先日東京で降った雪は30センチほど。そのくらいの量は、雪国では珍しくはありません。皆さん普通に仕事に向かっています。雪国の皆さんの雪の日の運転の仕方には、何か普段とは違う特徴があるのでしょうか?

雪で車を運転する時、ブレーキは踏まない!

≪タイヤ≫
まず、当たり前ですが、東京と雪国では、履いているタイヤが違います。雪国では、スタッドレスタイヤを必ず履いています。なぜなら、普通タイヤで雪の上を運転するのが、命に関わる愚かなことだと皆さんよく分かっているからです。必ず雪が降る前にタイヤをはき替える、という面倒な作業を行っています。そして春になると、普通タイヤに履き替えます。年に2回、タイヤをはき替えるのは面倒ですが、雪国では当然のことです。

スポンサーリンク

≪ブレーキ≫
次に大切な事は、ブレーキの使い方です。雪国の皆さんは、雪の上、特に氷っている路面ではブレーキはできる限り踏まないようにしています。速度も減速しますが、それでも、信号の前や曲がる時などには、さらに減速します。その時に、できるだけブレーキを踏まないようにしているのです。なぜなら、ブレーキを強く踏み込めば、車は面白いようにグラグラとコントロールが効かなくなったり、クルッと回ってしまったりするからです。では、どのように減速をするのか。

ギアを変えます。

Low や Second に落とすことで、車は自然と減速します。少し車に負荷がかかるように思われますが、ブレーキを踏むよりは何倍も安全です。ギアを落とすことを「エンジンブレーキ」と呼びます。ブレーキを踏まずに、まずはギアを落とします。それでも原則が足りない時には、仕方なく、最新の注意を払いながらブレーキを踏みます。それも踏み込むことはなく、何度も滑らない事を確認しながら踏むのです。

少し広くて安全な場所があったら、あえて少しスピードを上げておいて、雪や氷の上で急にブレーキを踏んでみると、車がどんな状態になるか体験できます。もちろん、誰もいない、広いスペースがあれば、です。一度このような体験をすると、ブレーキと車の滑る関係を体で覚えることができます。あくまでも、誰もいない、広いスペースがあれば、です!!

雪で車を運転する時の対策

雪のある場所での生活は、東京のように雪が降らない場所とは比べ物にならないほど過酷なこともあります。その中でもできるだけ安全に過ごすために、雪国の皆さんには様々な工夫があります。
今回東京では、少し雪が降ったことでパニックになりましたが、今後このようなことがないように、様々な対策がとられることを期待します。

運転に関しては、

スタッドレスタイヤもしくは、チェーンを巻く。
②速度は60Km/hを越えない。できるだけゆっくり。
③減速したい場合は、まずはギアを落とし「エンジンブレーキ」

これらの事を踏まえ、丁寧に慎重に運転すれば、スリップ事故の件数は大幅に減ります。そして、もし、スタッドレスタイヤもチェーンもないのであれば、外出は控える、という強い意志も大切と言えます。

まだまだ都心に雪が降る可能性があるようです。対策をしっかりしてから、雪の上で運転するように心がけましょう!

スポンサーリンク

-生活全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ片づけられない?捨てられない?その理由と解決法!

片づけられない、捨てられない。物が多く豊かな現代。試しに安く買って使ってみたけれど今は使っていない。思い切って高いお金を出して買ってみたけれど、それほど使うことはなかった。事情は様々ですが、今、「捨て …

結婚式のお祝い金はいくら包む?祝儀袋の選び方や「ふくさ」の使い方

結婚式に招待されたら必ず考えるのが、お祝い金はいくらが適当か、ってこと。少なすぎたら失礼かな、とか、偶数は割り切れるからやめた方がいいのかな、とか、年齢的にはどのくらいが適当なのか、とか、いろいろ考え …

靴の臭いを消したい!プロに学ぶ、原因と対策!

靴の臭いは消すことができる?!靴職人さんが教えてくれる、靴の臭い対策をご紹介! スポンサーリンク 関連

ながらスマホは子供の脳に影響!恋人ともコミュニケーション不足!?

スマホは便利。楽しい。でも、大切な人との関係よりも大切ですか? スポンサーリンク 関連

2017年梅雨入り梅雨明けはいつ?長靴でもオシャレに!ヒールもブランドも!

今年も梅雨がやってきますね。 梅雨は、春から夏にかけて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。 いい季節とは言い難いですが、そんな梅雨も楽しく過ごしたいものです。 スポンサーリンク さて、今年、2 …