健康

目が疲れやすいのには訳がある!原因は?簡単な対策とチェック法

投稿日:

目が疲れやすいという方は、人知れず苦しんでいる、という場合もあると思います。同じ年代でも、目に全く疲れを感じていない人もいる中、理解されにくい場合もありますよね。実は「目が疲れる」「目が疲れない」には、目に明確な違いがあると言います!

スポンサーリンク

目が疲れやすいのには訳がある!原因は?

目が疲れる、疲れない、ということについては、今まで、生活習慣が引き起こすものと思っていた人も多いと思います。もちろん、PCを長時間使えば目が疲れるのは当然ですが、そのような事ではなく、身体的なレベルで明確な違いがあるという事が、TV番組『この差って何ですか』の中で紹介されました。

目が疲れる人は、目を閉じた時に、黒目が外を向く、と言います。

黒目は、常に焦点に合わせて正面を向いているのですが、目を閉じた時は、合わせる焦点がないので、リラックスの状態になると言えます。

目が疲れにくい人は、目を閉じた時も目を開けているときも、いつも黒目は正面を向いています。しかし、
目が疲れやすい人は、目を閉じた時だけ、黒目が外を向くので、目を開けた時に再びピントを合わせる必要があります。これが繰り返させることにより、疲労が蓄積すると考えられるのです。


上の写真は、目が疲れやすい人を、MRIで撮影したものです。このように、目が疲れやすい人の黒目は、目を開けているときと、目を閉じているときでは、ずいぶん黒目の位置が違うことがわかります。したがって、何か物を見るときに、どうしても筋肉を使うため、長い時間使っていると疲労してくるという事なのです。

スポンサーリンク

目が疲れやすい!簡単にできる対策ご紹介!

ここで紹介する対策は、本当に単純で簡単です。
このように、目を閉じた時に、黒目が外側を向く方は、なんと、日本人では2人に1人くらいはいるのだそうです。「もしかして」自分もそうかも・・・」と思った方は、次のような対策をとってみてください!

1時間おきに、1分間目を閉じる

単純に焦点を合わせるために披露している筋肉を、定期的に休めてあげる、ということです。

目が疲れやすいのかも!「チェック」方法

≪用意するもの≫
・鉛筆
・目隠し(視力検査の時のようなものがなければ、スプーンなどでもOK)

≪チェック方法≫
① 鉛筆を片手で持ち、目から20㎝離す
② 鉛筆の先端を両目で見ながら、片方の目を隠す
③ このとき、隠している目も開けておく
④ 5秒数えながら、鉛筆を左右に動かす
⑤ 5秒たったら、目隠しをはずす
⑥ ⑤の時に、黒目の動きを確認。焦点を合わせるように黒目が動くようなら、あなたも「目が疲れやすい人」の可能性があります。ご家族にスマートフォンなどで撮影してもらうと、よく分かると思います。

まとめ

目が疲れる、目が乾く、などと言う場合、もちろん、PCやスマホ、照明の問題、姿勢、運動不足など、様々なことが考えられるのですが、今回は、身体レベルで「疲れやすい人」「疲れにくい人」について見てきました。1時間に1度、休憩を入れてあげる。思い出した時だけでもやってみる価値はありそうですね!

スポンサーリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人の「骨」はカルシウムだけではない!その役割が若さを徹底強化!

これまで、人間の「骨」は、単なるカルシュウムの塊だと思われてきました。しかし、最近の研究から、骨はただのカルシュウムではなく、体に対していろいろなメッセージを出しているという事が分かってきました。 ス …

糖質制限ダイエット!朝ごはんや定番メニューの摂取量で正月太り解消

お正月もそろそろ終わり。お餅や美味しいものをたくさん食べたら、なんだかすごい太ったような気がする。そんな方も多いのでは?糖質制限ダイエットはブームを過ぎ、そろそろ定番になってきてます。危険のない範囲で …

中高生に必要な睡眠時間は?睡眠と成績には関係性がある?

中高生に必要な睡眠時間はどのくらいなのでしょう?また、睡眠時間と学力との間に関係性はあるのでしょうか? スポンサーリンク 関連

いびきが原因で睡眠が悪化!舌が落ち低酸素状態で認知症に?!対策は

いびきは本当にうるさいものです。なぜこんなにも耳ざわりなのかと不思議なほど。さて、そんな「いびき」ですが、うるさいだけではなく、体にとってもかなり悪影響があるようなのです。「たけしの家庭の医学」で取り …

肩こり解消は広範囲の筋肉から!簡単ストレッチなのに効果はすごい!

肩こりと言えば、特に気にすることさえなくなっている慢性的なもの。別に今更よくなるなんて、特に期待もしていない。そんな方も多いと思います。それでも、日本人女性のお悩みランキングでは、ナンバーワンに輝く「 …