健康

人の「骨」はカルシウムだけではない!その役割が若さを徹底強化!

投稿日:

これまで、人間の「骨」は、単なるカルシュウムの塊だと思われてきました。しかし、最近の研究から、骨はただのカルシュウムではなく、体に対していろいろなメッセージを出しているという事が分かってきました。

スポンサーリンク

骨は単なるカルシウムの塊ではない!若さを司る骨

骨は何なるカルシウムの塊ではない、ということが最近分かってきました。

人体はネットワークである。そして、骨もそのネットワークの一員。

NHKの「人体」で山中教授が語っていました。

骨から送られるメッセージが、他の臓器を若く保つのだそうです。

「骨は全身に向けて様々なメッセージを送る立派な臓器のであり、その『骨』が弱ると、それによってメッセージが減り、様々な老化現象が進んでしまう。番組の中である医師がこう語っています。

お年寄りが、大腿骨骨折などを機に急に元気がなくなってしまったりするのも、骨が単なるカルシウムの塊ではないという事を表しています。

それでは、具体的にどんなメッセージを発しているのか、見ていきましょう。

骨はカルシウムの塊ではない!役割がすごい!

若さを生み出す骨のメッセージ
≪①記憶力≫
骨の出すメッセージ物質が「オステオカルシン」。この物質を作り出せないマウスは、実験の結果、同じことをやらせても、学習して効率的に行うことが出来ない。記憶力が弱い。海馬も小さく海馬の働きが弱い。こんなことが分かっています。

≪②免疫力≫
骨の出すメッセージ物質は「オステオポンチン」という。このオステオポンチンがある、ない、によって、免疫細胞の量が大きく変わってきます。年老いたマウスには、このオステオポンチンの減少が見られます。

スポンサーリンク

≪③筋力アップ≫
前述の「オステオカルシン」には、筋肉のエネルギー効率を高める動きもあるそうです。このオステオカルシンからのメッセージによって、筋力をアップさせようと頑張ります。

≪④精力アップ≫
さらに、この「オステオカルシン」には、テストステロンという男性ホルモンを増やす働きがあるそうです。そして、オステオカルシンがないと、精子の数が減るという研究もあると言います。

これら4つは、一見がバラバラですが、共通している部分があります。それが、

「骨は若さを司る」ということです。

骨はカルシウムの塊ではない!強化すれば若さも保てる

骨には、私たちが思う以上のすごい力があり、それがなんと若さを司ると言います。ということは、骨を鍛えることで、若さをアップすることが出来るかもしれない、ということです。

では、どうやって骨を鍛えればいいのでしょうか?

答えは簡単です。骨に刺激が与えられるような運動をすればよいのです。

もちろん、牛乳を飲むなどカルシウムを積極的に摂るのは大切な事なのですが、それだけではちょっと足りない。

自転車とランニングなら、ランニングがおススメ。骨に衝撃が与えられる運動の方が、骨が丈夫になっていくのだそうです。

ウォーキング、ストレッチ、階段を上る、なども有効です。骨に衝撃が与えられれば、骨が強くなり、若さに関わるメッセージ物質が体に送られることになるのです。

まとめ

骨は単なるカルシウムの塊ではないのですね。そして、骨を鍛えることで、若さに関するメッセージ物質が骨から体に送られます。骨をしっかりとしたものにしておくためにも、運動や食べ物、特に運動が大切であるという事を覚えておきましょう!

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビタミンC不足は肌荒れどころではない!寿命まで?!緑茶で解消!

よく、ビタミンCが不足すると、肌荒れを起こす、とか言われますよね。でも、もしかしたら、肌荒れどころの話ではなく、寿命にまで影響するのではないか、という話があるのです! スポンサーリンク 関連

ニンニクの臭はいつまで続く?早く消すには?二日酔い臭い対策は?

夏はビールが美味しい季節!ビアガーデンに通っている人も多いですね。美味しいものを食べながらのアルコールはまた格別。しかし、ニンニクは気になりますよね。ニンニクは美味しくて、本当はもっと食べたい!という …

認知症の予防は可能!イギリスで驚くべき結果が!方法は生活習慣から

寿命が長くなり、長く人生を楽しむことができるのはすばらしいことですが、一方で「認知症にならないか不安」という人も増えています。しかし、ひと昔前のように、認知症にかかるかどうかは全く分からない、という事 …

シミ、しわ、動脈硬化、認知症予防!活性化したいサーチュイン遺伝子!

シミ、しわ、動脈硬化、糖尿病、認知症などを予防するともいわれるサーチュイン遺伝子。 若返り遺伝子、長寿遺伝子ともいわれ、脚光を浴びています。 実際にこのサーチュイン遺伝子を活性化させることはできるので …

ポッコリお腹が解消?!O脚改善エクササイズでお腹までスッキリ!

下半身が上半身に比べて太い。上半身は痩せているのに、下半身はムチムチ。年齢とともにお腹もポッコリしてきて、そんなに食べていなくてもお腹はぽっちゃり、下半身はムチムチ。そんな悩みをお持ちの方で、その原因 …