健康

風邪予防になもなる対策から医師も実践ランキングは?簡単で効果的!

投稿日:

まだまだ寒い時期が続きます。インフルエンザも猛威をふるっています。家庭で一人が感染症にかかると、他の家族も順番に寝込んだりします。看病していたらうつってしまった、という事も少なくなく、とっても大変ですよね。今回は医師も実践の風邪予防から、「さむけ」を感じた時の対策をご紹介します。

スポンサーリンク

風邪予防にもなる!寒気を感じた時の対策

寒い時期が続くと、どうしてもインフルエンザや風邪などにかかりやすくなります。ウイルスを撃退するためには、やはり、なんといっても「体温」です!体温が高い事で、ウイルスは生きていられなくなります。熱が出るという時、それは体がウイルスをやっつけようと頑張っているという事。

ところで、「さむけ」を感じた時には、体がガタガタと震えますが、これも、無理やりにでも筋肉を動かして血流を良くして、体温を上げようとしているのだそうです。さむけを感じた時に、早く体を温めることができれば、さむけもおさまり、体の調子を取り戻すことができます。

そこで、「林修の今でしょ講座」で紹介された、医師も実践しているという「さむけ」対策を、忘れないうちにまとめておきます。

風邪予防!医師も実践の方法

≪第3位 足指体操≫

足指を動かすことで、ふくらはぎが刺激され、全身の血流がよくなると言います。ふくらはぎは、第二の心臓なんて言われます。ふくらはぎを効率よく刺激することが出来るそうです。

方法は簡単。足の指で、「グー、パー、グー、パー」と、10回ほど繰り返します。

≪第2位 カイロを○○に貼る≫

個人的には、この方法がとっても印象的でした。皆さんは張るカイロをお使いですか?寒い時にカイロを貼ることで、寒さ対策ができます。しかし、「どこに貼ろうかな~」と悩むこと、ありませんか?腰、背中、お腹、太もも、お尻、いろいろと考えられますよね。どこに貼ってもそれなりに温かいのですが、今回紹介された「体を温めるために最適なカイロを貼る場所」は、

スポンサーリンク

お腹(おへその辺り)です!

理由が面白い!体の中央に走っている太い血管があるのですが、この血管はおへその辺りで二股に分かれ、足に向かっていきます。血液が全身をめぐるのにかかる時間は、なんと、たったの1分ほど。したがって、最も効率のよく血液を温められる場所にカイロを貼ることで、全身を温めることができます。そして、その効率のよい場所というのが、おへその辺り、なのです。
私たちの体の中央を走る血管は、驚くほど太い。そこを流れる血液を温めれば、1分で全身が温まる、という訳です。

風邪予防に効果あり!医師も実践第1位は?

≪第1位 3つの○を温める≫

実はこれ、ココ以外でも耳にすることです。3つの○の答えは、

「首」です。「3つの首を温める!」です。

首、手首、足首を温めることで、体の温度を逃がさずに済みます。番組内でも、医師の方が「リストバンド」をしていました。あまりきつくないリストバンドをすることで、手首を温め、体温が逃げるのを防ぐことができます。

女性は、足首を出した丈の短いボトムスのファッションがオシャレだったり、デコルテを出すとステキだったりするので、うっかり足首や首を冷やしてしまいがちです。しかし、いくらオシャレでもかわいくても、体を冷やす原因になるという事を覚えておきましょう。レッグウォーマーやスカーフなどを上手く利用したいですね。また、お子さんの服装にも気を付けてあげましょう。3つの首が冷えると、体温が逃げてしまい、体温が下がることで風邪をひきやすくなります。

まとめ

今回は、風邪予防から「体を温める」方法を見てきました。すぐに実践できそうなことばかりです。カイロを貼る場所については、本当に他の部分に貼るよりも効果的なのかどうか、検証してみたいところですね!

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビタミンC不足は肌荒れどころではない!寿命まで?!緑茶で解消!

よく、ビタミンCが不足すると、肌荒れを起こす、とか言われますよね。でも、もしかしたら、肌荒れどころの話ではなく、寿命にまで影響するのではないか、という話があるのです! スポンサーリンク 関連

ダイエットの糖質制限で新発見!やり方や糖質量、その効果!

ダイエットと言えば、最近話題の糖質制限ダイエット。人によって向き不向きはありそうですが、多くの人が効果を実感できるダイエット法と言えそうです。この糖質制限ダイエットについて、新しい発見が報告されていま …

肌のシワを改善し、血管を若返らせる夢の物質が明らかに!

女性の体は、女性ホルモンで守られることによって、 美しい肌、柔らかい血管、健康な体を維持しています。 したがって、50代から60代にかけて女性ホルモンの影響を受けられなくなると、 しわや血管の病にかか …

子供も睡眠時間が不足?!寝るのが遅い事と学力の意外な事実!

日本は睡眠時間が短い国と言われます。最近では、睡眠時間と脳の関係が取り上げられ、睡眠の重要性が今まで以上に語られるようになってきました。さて、日本の子ども達も、大人と同様、睡眠時間が短いと言われます。 …

血圧が高い?!正常でも急上昇!時間は?数値は?対処方で危険を回避

自分は血圧が正常です!という人は、特に血圧に対して気にすることもありません。でも最近、一日の中でも血圧が結構変動するのだ、と言われ始めました。一日の中で血圧が変動すると言っても、そんなに大きく変わるわ …