恋愛

男女の脳の違いが面白い!恋愛したい!外見を上回る重要ポイントは?

投稿日:

12月も末になってくると、家族や子どもがいると楽しそうに見えますね。パートナーをゲットしたいと思いながらなかなか上手くいかないという方、もしかしたら、何か大事なことを見落としているかもしれませんよ。男女の違い、あなどれません!

スポンサーリンク

男女の違いが面白い!会話、かみ合ってますか?

男脳女脳がある、なんてよく言われますね。人間には右脳左脳がありますが、それぞれ役割が違っています。一般的には、

右脳は感情や感覚、空間的な事に、
左脳は言語、数学、論理的な事が得意とされています。

この右脳と左脳の間には「脳梁」という部分が合って、この脳梁について言うと、女性の場合脳梁が太く男性の場合脳梁が細い、と言われます。

厳密に言うと、1982年に『サイエンス』誌で発表されたものなのだそうです。しかしこの論文のデータは男性9人、女性5人から得られた結果であり、ちょっと微妙と言う意見もあります。それでも、男性の脳か女性の脳を見分けることは90%以上可能とされており、どうやら何かが違っていることは確かなようです。
参考:ナショナルジグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/17/020800002/021400005/?P=1

このような前置きはほどほどにして「男女の脳の違い」から生まれる「男女会話の違い」について、分かり易い例を挙げてくれている著書(男と女のLove心理学)があります。

≪女性同士≫
女性A「今日はなんだか疲れちゃった~。私、早く帰ってお風呂にゆっくり入りたい気分」
女性B「分かる~。私も。なんか気疲れしちゃったのかな。肩も凝っちゃってるの~」

≪男性同士≫
男性A「今日は、午前中のくだらない会議のせいで疲れたよ。ああ、早くビール飲みたいな~」
男性B「うちの会議は部長の話が長いからな~。議長役がバシッと仕切らないからこうなるんだよ。」

女性同士の会話では、多くの場合、共感しあう事が優先されます。
男性同士の会話だと、理屈、理論が優先され、張り合うような部分もあったりします。

ということで、
男性が女性と話す時には、「女性は共感してほしいんだ」ということを頭に置いておきましょう。
女性が男性と話す場合には「論理的」「男性は勝ちたい生き物だ」ということを覚えておきましょう。

もちろん、男性でも女脳寄り、女性でも男脳寄りの人はいます。個人個人違いますから、全員がこれに当てはまるとは言えませんのでご了承ください。

一説によると、
「人差し指」「薬指」よりも短い=男性脳
「人差し指」「薬指」と同じか長い=女性脳

というネズミの研究で得られた結果があるようです。ネズミの研究ですので、人間に当てはまるかどうかは、はっきりとはわかりませんが、周囲の人の手を見せてもらって、自分なりに分析してみるのも面白いかもしれませんね!

ちなみに、先ほどの会話の例ですが、男女がかみ合わない会話になる例もあるのでご紹介しておきます。なんだかわかる気がします。
女性「今日はなんだか疲れちゃった。私、早く帰ってお風呂にゆっくり入りたい気分」
男性「何で疲れちゃったの?あ、そっか、午前中の会議が長かったからじゃない?」
女性「う~ん。なんでかな~。それもあるかもだけど・・・」
男性「会議が長かったから疲れたんだよ。会議のあった日はいつもそうなんじゃない?」
女性「そうかな~。それは分からないけど・・・」
男性「ちゃんと原因を分析して、対処法を考えておかないとね。また同じことになるよ」
女性「う~ん、そうかもしれないね・・・」

女性は「疲れちゃった~」というセリフに共感してほしかっただけだったりします。「疲れちゃったの?大丈夫?」と言ってほしかったんですよね。

男女の違い!恋愛したいなら気を付けたい事!

さて、パートナーをゲットしたいなら、男女の違いを把握して行動すべき部分は多々あります。なぜならお互い相手の事はよく分からないからです。分からないから、少しでも頭で理解しておくことで、コミュニケーションがだいぶ楽になります。

スポンサーリンク

ここでは、最も陥りやすい勘違いについてご紹介します。あるあるな気がしますよ。

男性が陥りやすい勘違い≫
男性は、女性に対して、「たくましさ」「力強さ」「ワイルドさ」などを見せたい!ということが多いのではないでしょうか?若い頃にヤンチャしていた事を自慢げに話したり、釣りで獲物をゲットした写真を見せたり、シックスパックに割れた肉体美の写真を見せたり、上半身裸になりたがったり。

女性にもいろいろなタイプがいますが、多くの女性はこれらの事にそれほど興味がありません。若い頃のヤンチャ話は、ちょっと子供っぽさを感じてしまったり、釣りの写真については、ワイルドさより生臭さを感じてしまったり。鍛えられた美しいボディは嫌いではありませんが、それがきっかけで好きになる、ということはあまりないですね。

女性が陥りやすい勘違い≫
女性は、男性に対して、例えば「馬鹿だと思われたくない」「しっかりした気の利く女性だと思われたい」「男性に負けてたまるか」などの感情を持ってしまう場合があります。家庭の中では「お父さんよりお母さんの方が強い」という状況を見て育った人も多いでしょう。また、キャリアウーマンなどは、特に男性に負けないように、年下の部下などに頑張って「上から命令口調」で離す人もいるでしょう。

男性にもいろいろなタイプがいますが、このような女性を目の前にして「しっかりした女性だな~」「頑張っているんだな~」などと思ってくれる男性はあまりいません。どちらかと言うと「男性の心を理解できない器の小さい女性」と映ってしまいそうです。よく、美しく有能な女性なのに、パートナーがいない、と言う場合、もしかしたら原因はココかもしれませんよ。

男女の恋愛で外見以上に重要なポイントの違いとは?

男性が女性に求めるもの、そして、女性が男性に求めるものを、ここで明らかにしておきましょう。それは外見よりも大切です。外見は時とともに慣れてきます。しかし、内面はより一層輝かせることができます。
そして、上述したような勘違いが自分になかったかどうか、一度振り返ってみるといいのではないでしょうか?

男性女性に求めるもの≫

① 母親のような慈愛に満ちた存在
② いつでも自分を立ててくれる。飼い犬のように従順な存在
③ 上品さ。エレガントさ

特に③は大切です。下品な言葉遣いや態度は、男性に嫌われます。逆に、ある男性に嫌われたいなら、下品な言葉遣いと態度にすれば、ストーカーの心配もなくなります。それほど男性は、女性の上品さに心を奪われます。

また、これに加えて、「笑顔」「ボディタッチ」「頻繁に会う機会を作る」これらを加えれば、女性は男性をゲットしやすくなります。また、好きな男性の前では、少し肌の露出を増やすことも大切です!

女性男性に求めるもの≫

① 清潔感
② 紳士(自分を大切に大切に扱ってくれる)

特に①は大切です!外見があまり良くなくても、清潔であれば可能性があります。髪の毛が整っている、べたべたしていない。髪が薄ければ、オシャレなバンダナをしていたり。服装が小ぎれいでシャツなどにシワがない。短パンで毛モクジャラではなく、きれい目のボトムス。太っていても汗ダラダラだったりせず、ちょっと爽やかに黒のシャツ。重要です!

また、紳士的な態度、というのも女性にとってはうれしいものです。きちんとした態度で店員さんとお話が出来たり、女性に対していつも丁寧で紳士的というのは、ポイントが高いと言えます。逆に、ワイルドさを気取って、店員さんに上からモノを言ったりするのを聞くと、いつか自分に対しても命令をするのかも、などと思ってしまうものなのです。

まとめ

いかがでしょうか?そんなことわかっている!という方にはつまらない内容だったかもしれませんが、もし、一つでも思い当たるところがあれば、是非、今から、ラインや電話で女性と話す時に、男性と話す時に、早速意識をして使ってみてください。何かが変わり始めますよ!もっと深く勉強したい方は、是非この本を手に取ってみてください!

参考:男と女のLove心理学 神岡真司

スポンサーリンク

-恋愛
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男女の違いが興味深い!それぞれが喜ぶキーワードを比較!

今は、2分に1組が離婚している、という時代。男と女は違う生き物。しかし、そんな時代でありながら、上手く言っているカップルやパートナーがあります。単なる相性ではない、上手くいく方法がちゃんとあります! …

男女の違いを大研究!会話の中ですれ違うコミュニケーションが面白い

今の時代は、2分に1組が離婚している、という時代。男と女は違う生き物。そんなことは良く言われますが、ではどう違うのかというと具体的に語るのは難しい。しかし会話がすれ違う事でコミュニケーションが破たんす …

恋愛のメンタルブロックを解除!確率の高い出会い方を知ろう!

様々なライフスタイルが認められるようになっている現代、結婚するもしないも、本人の自由といえます。しかし、結婚したいと思っていてもなかなかできない場合、そこには様々な原因があるかもしれません。まずは自分 …

モテる女の特徴は顔や見た目じゃない!結婚したいなら試してみたい事

現代は、2分に1組が離婚している、という時代。また、結婚せずに独身を貫いている人も多い。しかし、独身の人たちがすべて結婚したくない訳ではなく、多くの場合、結婚したいと思っています。しかし、なかなかうま …