お金

サラリーマンなぜお金がない?実は高い子どもの教育と税金の実質負担

投稿日:

しっかり働いているのになぜかお金がたまらない。マイホームもほしいが、子どもの教育費もかかる。なぜ働いても働いても余裕がないのか。他の人はどうしているのだろう。そんな風に思っているサラリーマンの方もいらっしゃるのでは?実は、税金の仕組みが微妙なんですよね・・・。

スポンサーリンク

サラリーマンはなぜお金がない?

橘玲著『お金持ちになれる黄金の羽の拾い方』という本は非常に人気のある本ですが、その中で非常に興味深いことが書かれています。著者の熱い思いがこの本の中に詰まっていると感じます。以下、この本から学んだことを抜粋してお伝えします。

なぜ、サラリーマンは頑張って働いているのにお金がないのか。

冷静に計算をしてみると、その理由が分かります。

仮に年収600万年のサラリーマンの場合

税・社会保険料を除いた額は、450万円程度。

仮に、

住宅ローン 150万円(月々12,3万円)
生命保険   30万円(月々 2万5千円)
子どもの教育費150万円(月々12,3万円)

とすると、

自由に使えるお金はたった120万円月10万円です。

親子3人で暮らすには、ギリギリになってしまいます。

年収600万年といえば特に少ないわけではないと思いますが、このように見てくると、

マイホームと子ども、両方かかっているサラリーマン家庭は、

厳しい現状があるんですね。

お金がない!1人の子どもにかかるお金は?

地方では、まだまだ学校は公立!という風潮がありますが、

都会では、いじめや学級崩壊などのリスクが低い私立に子どもを通わせたい

というご家庭も多い。もちろん、最近では公立にもいい学校が増えてきていますが、

お受験して私立!という流れは根強く、お金がかかります。

教育産業は人件費のかたまりですし、世界一人件費の高い日本は、教育コストが高騰します。

子ども一人を中学から大学まで通わせると、およそ1500万円。

下宿になると、年間100万。4年~6年では400万円~600万円。

子供一人当たりにかかる教育費は、2000万円。二人いれば4000万円となります。

マンションが買えちゃうんです。

こうなってくると、子どもか、マイホームか。子どもは作らないでおこうか、

という議論が生まれても全くおかしくはないわけです。

実際、普通のサラリーマンが育てられる子どもの数は二人が限界です。

(地方では土地が安く、教育費も大都市圏ほどかかりませんから、

事情は違ってきます。)

一般的に、サラリーマンの生涯年収は、3~4億円と言われます。

仮に生涯年収を3億円とすると、

税金・年金・健康保険・社会保険料が2割 =6000万円
住宅関連支出+各種保険料 =7000万円
子ども二人の教育費 =4000万円
老後の蓄え =3000万円 

とすると、

生活費に当てられるのは9000万円。

9000万円を40年で割ると、年200万円ほどになります。

これで家族4人が生活をするとなると、余裕がないわけですよね・・・。

3億も稼いでいるのに、お金がないなんて。納得いかない感じがします。

そして、税金などが全体の2割っていうのも、多い感じがしますよね。

お金がない!実は知られていない莫大な税金

例えば、
月35万円 ボーナス5か月分 年収600万円のサラリーマン

スポンサーリンク

給与所得控除や各種控除、社会保険料を差し引くと、

課税対象となる金額は、1,880,800円(とする)。

所得税は5%で、1,880,800×0.05=94,000円
住民税は10%で、1,880,800×0.1=188,000円

94000+188000=282,000円

これは600万円の4.7%なので、それほど高くは見えません。

しかし、社会保険料(厚生年金・健康保険・介護保険)を含めた「実質税負担」をみると、だいぶ変わってきます。

≪①厚生年金≫
2017年9月からは、18.3%

6,000,000円×0.183=1098000円

≪②健康保険(東京都)≫
健康保険:9.97%
介護保険:1.72%

6,000,000円×0.1169=701400円

①+② = 179万9400円

保険料の本人負担は、2分の1ですので、ザックリと、

89万9700円となります。

所得税・住民税と、この社会保険料を加えると、118万円。

600万円に対する実質税負担は、19.7%となり、約2割になります

さらに!

社会保険料は、実は人件費の一部だそうで、もし、社会保険料の支払いがなければ、全部あなたがもらえるお金になるのだそうです。よく、社会保険料は「会社が半分負担してくれる」と言いますよね?でも、実は、もらえるはずお金を先に引かれているだけってことです。
もし、満額の179万9400円が社会保険料だとすると、もらえるはずのお金に対する実質性負担が約3割になります。3割も税金が取られているなんて、気づいていないですよね・・・。

これが公平に行われているのであれば文句はないのですが、個人事業主から税金や社会保険料をとる時は、給料から天引きってないですよね?会社が社会保険料を半分負担してくれる、なんていう、紛らわしいウソ?も存在しません。税金が足りなくなると、計算しやすいサラリーマンの徴収率が上がっていきます。ここ数年でだいぶ高くなっているようです。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方新版 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫) [ 橘玲 ]

価格:702円
(2017/12/25 22:08時点)

まとめ

これ、本当に書いていいのかな~ってくらい、興味深い内容です。本になっているので、読んでみてください。そして、この事実に対して、私たちはどのように自分の人生を考えたらいいのでしょう。

スポンサーリンク

-お金
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

持ち家?賃貸?どちらが得??お金についての疑問あれこれ

家は購入して「持ち家」を持つのか、一生「賃貸」するのか、この議論は尽きることがありません。家と言えば、一生の中で一番大きな買い物と言えます。その家を買うのか、買わずに身軽なまま賃貸で過ごすのか。もちろ …