健康

体重の増加は年齢ではない!筋肉貯金で健康長寿に!毎日プチ運動!

投稿日:

歳をとったのだから、体重が増加してしまうのは仕方がない事だ、なんて思っていませんか?それ、本当ですか?実は、健康なご長寿の方々に体重の増減について聞くと、多くの方が、ここ10年間体重の増加はほとんどない、と答えています。歳をとったから体重が増えるのではなく、体重が増えない方が健康に歳を重ねていく、ということのようです。

スポンサーリンク

体重の増加は年齢とは関係ない!

『林修の今でしょ講座』より

1000人の健康なご長寿に、体重の増減について聞いてみたところ

「10年前と比べて体重が5㎏以上増えた?」という質問に対する答えは、以下のようになっています。

ほとんど10年間体重が変わっていない、という方がほとんど。ということは、

健康長寿を目指すなら、体重を増やさない!ことが大切!と言えそうです。

そうはいっても、年齢とともに体重が増加してしまう人は多いはず。

若い頃はいくら食べてもすぐに元に戻ったのに、今はちょっと食べるとすぐにお腹周りが・・・

なんてことは、別によく聞く話。

では、健康にご長寿になられている方々は、なぜ体重をキープできるのでしょうか?

皆さんもご存知の通り、やはり、筋肉が大切なんです。

筋肉があれば、太りにくいのです。

番組内では、「筋肉貯金」という言葉を使っていましたね。

筋肉貯金があれば、太りにくい。では筋肉貯金ってどうやって作っていけばいいのでしょう?

体重の増加を防ぐ鍵は筋肉貯金!

筋肉があれば代謝がよくなるから、食べてもエネルギーとして消費される、

ということは、何となく分かりますよね。若い人は筋肉があるから、

太りにくく、食べても食べても消費されるのだろう、というのは

素人でもわかる話。面白いのは、日常生活で消費されるエネルギーの内訳です

基礎代謝が60~70%
活動代謝が20~30%
食事代謝が約10%

こんな風になっているそうです。ちょっと意外なのは、活動代謝より、基礎代謝の方が

割合が高い事です。基礎代謝は、内臓を動かしたり体温を維持するために使われるエネルギー。

運動したり活動したりするときの代謝よりも多いのです。

スポンサーリンク

つまり、運動らしい運動をそれほどしなくても、

基礎代謝量が上がれば、太りにくくなる、という事なんですね。

そして、その基礎代謝量を上げるためには、筋肉貯金が必要になる。

そこで気になるのが、どうしたら効率よく筋肉貯金ができるのか、ということ。

筋肉貯金を効率よく貯めていくためには、筋肉が多い場所を鍛えればいいですよね。

では、筋肉が多い場所はどこなのか、ということです!

体重の増加を防ぐために筋肉をつける運動

全身の筋肉の70%が、なんと下半身にあるのだそうですよ!

確かに太ももは筋肉が多いのかな~なんて思ったりしますが、実はお尻も結構大切。

イスから立ち上がると動作をするときに使う筋肉では、

ひざが5割、お尻が5割

なのだそうです。お尻の筋肉って大切なんですね!

そして、お尻の筋肉とモモの筋肉を正しく使うスクワットがおススメ!

① 手は胸に
② イスに腰かけるようにしゃがんでいく

③ しゃがんだ場所で3秒キープ
④ 立ち上がりますが、立ち上がりきらない!ここがポイント!ひざが少しゆるんだ状態でまた②~④を10回繰り返します。

毎日ちょっとずつやることが大切。一日だけやっても効果はありません。1日1分です!

がんばりましょう!

間違ったスクワットだと、体を痛めます。正しいスクワットを心掛けてください!

まとめ

このスクワット、かなり効きます。お腹、お尻、太もも。いろいろな部分が、

終わった後にだるく、疲労していることが分かります。

番組の中でゲストにいらした先生も言っていましたが、筋肉を鍛える時は、

やはり少しは負荷をかけないと鍛えることはできない。

少し厳しいけれど、ほんのちょっとだけ頑張ってみるのもいいのではないでしょうか。

体に無理をかけられない方は、ちゃんとお医者さんとご相談ください!

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏は髪の毛もダメージを受ける!白髪を防ぐ食材とは?

夏になると、その暑さや紫外線ゆえに肝臓や血管が傷つくといいますが、頭皮もダメージを受けるのだそうです。白髪を防ぐためにも、暑さや紫外線によるダメージをできるだけ早く回復していきたいものです。髪の毛にい …

アレルギーの原因は食べ物や腸?糖質過多による副腎疲労は大注目!

アレルギーといえば、なかなか簡単には治らない、というのが通説です。しかし何かしらの原因があると考えるとき、その原因にはいくつかのタイプがあるようです。チェックリストを使って自分のアレルギーのタイプを知 …

ウォーキングに適した時間帯は?歩数と病気予防の関係が明らかに!

ウォーキングについての最新情報が明らかに!2000年にはじまった17年間にも及ぶウォーキングの研究から明らかになってきたことをご紹介! スポンサーリンク 関連

子供も睡眠時間が不足?!寝るのが遅い事と学力の意外な事実!

日本は睡眠時間が短い国と言われます。最近では、睡眠時間と脳の関係が取り上げられ、睡眠の重要性が今まで以上に語られるようになってきました。さて、日本の子ども達も、大人と同様、睡眠時間が短いと言われます。 …

肌のシワを改善し、血管を若返らせる夢の物質が明らかに!

女性の体は、女性ホルモンで守られることによって、 美しい肌、柔らかい血管、健康な体を維持しています。 したがって、50代から60代にかけて女性ホルモンの影響を受けられなくなると、 しわや血管の病にかか …