教育

子どもを叱る時は言葉に気を付けて!脳を傷つけないポイントとは?

投稿日:

子どもの「しつけ」はしっかりしなきゃ!と思って子どもを叱る時、どんなふうに叱ったらよいかまようことがあります。また、叱っているのに全く響いていない我が子に対して、イライラしてさらに怒ってしまったり、親の感情が高まって罵倒してしまうということもしばしば。悪い事をダメだと教えたいけれど、どんな言葉をかければいいのか「マルトリートメント」に関する友田明美先生の著書『子どもを傷つける親たち』からヒントをいただきます。

スポンサーリンク

子どもを叱る時の言葉に注意!

例えば、子どもが良くない行動をしたとき、親としては

どのように叱るべきなのでしょう?何も言わず黙認、という訳には

いきませんよね。この行動を、成長して大人になっても続けてしまうようでは

困ります。小さなうちに、やってはいけないことはきちんと

教えておきたいものです。

しかし、言い方を間違えると、子どもは心を傷つけてしまいますし、

そのようなことが何度も続けば、脳がストレスによって変形すると

最近では言われ始めています。

どのように叱るのがいいのか、ポイントをおさえておきたいものです。

どの言葉を使えばよいのか、というよりは、

ポイントをおさえてさえいれば、その人らしい、その親子の関係にふさわしい

言葉を使って叱ることができます。

子どもを叱る時のポイント

例えば、子どもが他人に向かって物を投げつけた時、その行為を叱るとします。

どの言葉はOKで、どの言葉はNGなのか、

「マルトリートメント」に関する友田明美先生の著書『子どもを傷つける親たち』

では、分かり易く書かれています。

ここでポイントになるのは、

正すべきなのは、その行動であって、子どもの人格性ではない、ということです。

つまり、行動に対して叱るべきではあるけれど、

それをやってしまった子どもの人格を否定するような言葉は使うべきではない、

ということです。

例えば、

≪OKワード≫
「相手を傷つけるかもしれないから、そのようなことはしてはいけない」
「人に対して物を投げてはいけない」

子どもが受け取るメッセージ
「人にものを投げてはいけない」
≪NGワード≫
「だからあんたはダメなのよ」
「お前はクズだ!」

子どもが受け取るメッセージ
「自分はダメな人間なんだ」

要するに、
「あなたは存在する価値のある大切な人ではあるが、人にものを投げることはいけないことです」

スポンサーリンク

というメッセージを届けてあげることが大切です。

「そんな悪い事をするあなたは、ダメな人間だ!」

というメッセージを届けてしまうと、自己肯定感が下がり、自信が持てなくなり、

何をするにも人の顔色をうかがったり、ウソをついたり、ということが多くなります。

子どもを叱っても、反抗するばかり?

また、どんなに一生懸命話をして叱っても、子どもが全く聞いていない、

そんな事を感じて、だんだんと言葉がきつくなったり、罵倒したり、

ということもしばしば起こります。

しかし、実は、子どもはしっかりと親の言う事を聞いています。

その時は、聞いていないように見えても、実はちゃんと聞いているのです。

言うべきことを端的に言って、あとは子どもに判断を任せても、

それほど大きな間違いは起こりません。

言うべきことはしっかり言うべきです。しかし、グチグチと長々と

言うのはよくありません。親の言いたいことは分かり易く伝えるべきですが、

あとは、子どもの様子が反抗的な態度であったとしても、

「子どもは分かっている」と子どもを信じて様子をうかがってあげましょう。

子どもは親の事が大好きです。

だいたいの場合、理解していないようにみえて、ちゃんと理解しています。

まとめ

最近、子どもに対してちょっと言葉がきつくなっているな、とか、とげとげしい言い方が

習慣になっているな、と感じたら、その瞬間から軌道修正しましょう。

暴言の1つ1つは小さな毒でも、柔らかい子どもの「脳」にはボディーブローのように

ダメージが少しずつ積み重なっていくと、著書の中で言われています。

習慣になっていると気づかないことも多いのですが、

気付いたらすぐに言葉を変えましょう。

子どもはその変化を何事もなかったかのように受け入れてくれます。

子どもは柔軟で優しい生き物だな、と思わされることも多いです。

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過熱する部活動は運動部ばかりではない!

部活動問題といえばスポーツの問題にフォーカスしがちですが、文化部にも問題があります。それは吹奏楽部です。テレビなどでも取り上げられ話題となっており、女子中高生が熱心に取り組んでいる姿が視聴者の心を打ち …

東大合格が目標ではない!?でも公立1位!日比谷高校の教育の特徴

都立日比谷高校は、ここ数年で東大合格者数が伸びてきている。しかしこの学校の教育の目的は、東大合格者を増やすことではない!と断言する都立日比谷高校校長先生。いい大学に合格することが人生のゴールではない。 …

絵本が熱い!人気作家が紹介!子供が喜ぶ絵がない・大人が泣ける絵本

絵本と言えば、子どもに読み聞かせてあげる本というイメージですが、最近では個性的な絵本作家さんも増え、大人でも十分に楽しめ、心が洗われる、そんな絵本が増えています。今回は「世界一受けたい授業」の中で、超 …

子どもの運動能力低下は、生活習慣や家庭環境で決まってくる!

春の運動会シーズンは、ひとまず落ち着いた時期ですね。秋になると、また運動会シーズンがやってきます。さて、お子さんは運動が得意ですか?最近の研究結果で、子どもの運動能力は家庭環境や生活習慣と深く関係して …

教員の仕事は辛いまま?スッキリしない部活動の位置 減らす策は?

『あなたは、今日から「あなたのチーム」を持つことができます!と言うか、あなたは断ることはできません。責任は発生しますが、お金はほとんどだせ出せません。そして、あなたの好きな競技を選ぶことはできません。 …