健康

スマホの長時間使用で健康被害?!口臭から子供の脳まで!

投稿日:

今となってはもう手放すことができないスマホ。調べたいものはすぐに調べられるし、便利なアイテムとなっていますが、その一方で、いろいろな健康被害を引き起こすことも分かってきています。今回はあえてスマホから受ける健康被害をまとめてみました。

スポンサーリンク

スマホを長い時間使うと、斜視に?!

最近急増しているという、急に斜視になる若者たち。

病名は「急性内斜視」

名前から推測できるように、急になってしまう斜視で、

片方の目だけが、内側に入ってしまう斜視です。

なぜそんなことが起きてしまうのか。

原因は、スマホのやり過ぎ。

ゲームやSNSなどを何時間もやっている、特に20代以下に増えている病気で、

『物が二重に見えたりして、おかしいな~と思って鏡を見たら、

目が内側に入ってしまっていた。』というような感じなのだとか。

鏡を見てショックを受けたり、友人に「目が内側に入っているよ!」

と指摘されて気づくケースがあるようです。

見た目にも変化が出てしまうため、今までは、まっすぐに友達の顔を見ることができたのに、

それが出来なくなったりと、精神的にも傷を負います。

今急増している病気で、専門家の方々も、警鐘を鳴らしているのだとか。

スマホを使う時には、

〇 目から30センチは離すこと

〇 4時間以内にすること

このことをしっかり守って自分の目を守りたいものです。

スマホの長時間使用は、なんと口臭まで引き起こす!

口臭といえば、年齢とともに問題になってくる、というイメージが

強いと思いますが、最近、若者にもこの口臭の問題が出てきている、

と「世界一受けたい授業」のなかで取り上げられていました。

ここ5,6年で、若い人のクリニック受診が2倍になっているのだそうです。

なぜ、若いのに口臭が気になるような事態になるのか。

その原因が、なんと、「スマホ」なのだそうです。

驚きですよね。スマホを日常的に使うと口が臭くなるなんて、

誰が予想したでしょう。

具体的には、唾液腺を圧迫する姿勢をとり続けることで、

スポンサーリンク

口が渇き、口臭が悪化していくのだそうです。

また、スマホを使う事で、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、唾液が減少するのだそうです。

唾液が足りなくなることで口臭がひどくなるので、

改善法としては、唾液を出すために、唾液腺をマッサージしたり、

水分補給で口が渇かないように気を付ける、などの方法をとります。

まさかスマホを日常的に使う事で、口臭が悪化するなんて、

驚きですよね。

スマホの長時間使用で子どもの脳が委縮

また、同番組内で、スマホを長時間使う事で、子どもの「脳」が

変形する、という話もありました。マルトリートメント(不適切な養育)

の一つで、親が忙しいからと言って、スマホに育児をさせると、

脳の「脳梁」と言う部分が委縮し、集団行動ができない人になってしまう

可能性がある、というお話でした。
http://yurupowa.com/1437.html

この他にも、スマホの長時間使用は、学力低下を引き起こすというデータも

明らかになっています。具体的には、1時間以内のタブレット使用の子どもは、

タブレット系を全くやらない子どもよりも成績が延びるが、時間が長くなり、

タブレット使用が3時間以上になると、勉強したことがほとんど消えてなくなってしまう、

という恐ろしいデータもありました。つまり、1日3,4時間勉強をしても、

タブレット系の物も1日3,4時間をやっていると、

ほとんど勉強していない子よりも学力が下がってしまうということ。

要するに、学力を上げたいなら、スマホやタブレット系のものは、

1日1時間以内にすること。これ以上になると、

脳の健康面でも、学力の面でも、危険が高まる、ということです。

まとめ

スマホはとっても便利なものです。

使用するな!というのは無理かもしれませんが、

子どもから若者の世代ではスマホの脅威についても合わせて考えていく

必要があります。

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウォーキングに適した時間帯は?歩数と病気予防の関係が明らかに!

ウォーキングについての最新情報が明らかに!2000年にはじまった17年間にも及ぶウォーキングの研究から明らかになってきたことをご紹介! スポンサーリンク 関連

断食で太りづらい体に?!やってみたいけど危険はない?

食が豊かな現代では、あるアンケートでは8割の人がダイエット経験があると答えています。 ところがダイエットではなく、断食できれいに美しく、そして健康になるという話があります。 スポンサーリンク 関連

認知症の予防は可能!イギリスで驚くべき結果が!方法は生活習慣から

寿命が長くなり、長く人生を楽しむことができるのはすばらしいことですが、一方で「認知症にならないか不安」という人も増えています。しかし、ひと昔前のように、認知症にかかるかどうかは全く分からない、という事 …

視力が悪い小中高校生が増えている?!近視の原理は?防止策は?

最近、小学生、中学生、高校生に視力の低下がみられると言います。原因ははっきりとは分かっていないようですが、原因は遺伝子だけではなく、何らかの環境因子が関わっていることは言えそうです。そして、新たな研究 …

中高生に必要な睡眠時間は?睡眠と成績には関係性がある?

中高生に必要な睡眠時間はどのくらいなのでしょう?また、睡眠時間と学力との間に関係性はあるのでしょうか? スポンサーリンク 関連