健康

アレルギー改善に有効な油「オメガ3」!栄養素のサプリも有効?!

投稿日:

ダイエットや健康に良いとされる「オメガ3」ですが、どうやら、アレルギーにも効くらしい。アレルギーといえば、一度発症するとなかなか治らないと言われますが、摂取する油の種類で状況は変わってくるかもしれません。

スポンサーリンク

アレルギーも改善する油「オメガ3」

油と言えば、ひと昔前は「身体の良くないもの」「動物性の油は植物性よりも悪い」

などと言われました。ダイエットの敵も、今とは違い「カロリーと油」でしたね。

しかし、最近では、油は体に必要なものと理解されて来ています。

その油も、「動物性」「植物性」というくくりではなく、いくつかの種類に分けられています。

そして、今最も熱い油と言えば「オメガ3」。

健康にいい油、また、ダイエットにも有効な油として、最近脚光を浴びています。

そして今回は、オメガ3がダイエットだけではなく、アレルギーにも有効であるというお話。

その効果は驚くほどに大きい、という医師や研究者も。

油には、自分の人体で合成できるものと、合成できないものがあります。

合成できるものが、

≪オメガ9(一価不飽和脂肪酸)≫
鶏肉、豚肉、アボカドオイル、アーモンド油、オリーブオイル、菜種油

≪飽和脂肪酸≫
バター、ラード、ココナッツオイル、牛肉、牛脂、チーズ、生乳

人体で合成できないのが

≪オメガ3≫
チアシード、魚油、青魚、えごま油、亜麻仁油

≪オメガ6≫
インスタント食品、ポテトチップス、大豆油、マヨネーズ、サラダ油、コーン油

つまり、人体で合成できない油は、食品から摂る必要があります。

オメガ6とオメガ3は、必須脂肪酸であり外から食品として取らなければならないのですが、

オメガ6にあたる油は、現代人にとっては過剰摂取になっているため、

改めてとる必要がなく、むしろ減らすことが望ましくなっています。

アレルギーに関わる部分で見てみると、

オメガ6は、炎症を促進する油

オメガ3は、炎症を抑制する油

となっており、アレルギーで炎症を起こしている部分を、

早いうちに改善するためには、オメガ3が大切になります。

厳密に言うと、オメガ6は、デルタ6不飽和酵素というものがあれば、

炎症を抑える働きを持つプロスタグランジン1系という炎症を抑える働きのある

ものに変えられるのですが、日本人の場合、デルタ6不飽和酵素の活性が低く、

アラキドン酸という、炎症を促進するものに変わってしまうのだそうです。

アレルギーが食べ物と深くかかわっていることは、広く知られていますが、

油だけを見てみても、アレルギーにいいものと良くないものがあるという、

事実は、食べ物一つ一つを見直すきっかけを与えてくれるような気がします。

スポンサーリンク

アレルギー改善に有効な栄養素

オメガ6を減らし、オメガ3を増やすことができれば、油のバランスとしてはいいのだが、

オメガ3は、常温での保存や紫外線で酸化してしまう

新鮮なオメガ3を摂取することが大切なので、ここが難しいと言えます。

毎日の生活の中で、オメガ3を摂れる食材と言えば、魚です。

サバの缶詰がいい!いう話は、他の記事でも書かせていただきましたが、

やはり、魚からEPAを摂取できるのが、最も理想的といます。

サバ缶の天ぷらも美味しい!という話でしたね。

この際揚げるために使う油は、オメガ6ではなく、オメガ9である

オリーブオイルなどが理想的です。

アレルギー改善には適度なサプリも良い

オメガ6に当たるリノール酸は、一杯のご飯を食べるだけで、

一日分は十分に摂取できるそうで、現代の私たちは、オメガ6を摂り過ぎています。

大切なのは、その比率です。

オメガ3を増やし、オメガ6を減らす

という事に目的を絞り、実行して行くこと。

リノール酸ではなく、EPAを増やしたいのです。

比較的安価なべに花油、コーン油、大豆油などはリノール酸の代表的なもの。

炒め油などに使う油は、オリーブオイルなどに変えることをおススメします。

そして、オメガ3が含まれる青魚、サバ、さんま、マグロ、アジなどを

積極的にとっていくことが大切。

一日に1食は、青魚を食べることが理想的ですが、もしそれが無理であれば、

EPA、DHAなどのサプリメントで補うのも良いですね。

まとめ

最後に一つ。最も避けたい油についてです。

それは、トランス脂肪酸と言われるもので、

マーガリン、ショートニング、加工油脂などです。

なぜ良くないのかということは、今回深く触れませんが

アレルギーや炎症を起こしやすくなったり、心筋梗塞などの危険性も高まる

といいます。アメリカではトランス脂肪酸の摂取量が厳しく制限されている

そうですし、欧米先進国では、食品にトランス脂肪酸の含有量を表示することが

義務付けられているそうです。

日本では、それほど深刻ではない事を理由に、対策が遅れている、という事実があるそうです。

加工食品やお菓子に入っていることが多いようですので、

気を付けましょう!

身体の中の脂肪酸の組成が変わるには、3か月から半年かかるそうです。

オメガ3を増やしてもすぐに結果が出るわけではないのですが、

諦めずに続ける事で、身体によい変化が出るかもしれません。

スポンサーリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

口臭が気になる?原因は?対策は?夏は特に気を付けたい!

夏になると臭いについて敏感になります。体の臭いや頭の臭いと同様、気になるのが口臭。口臭は自分で気づくことが難しいため、なかなか厄介ではありますが、周囲の人のためにも、しっかりケアしておきたいですね。 …

睡眠負債と睡眠不足の違いとは?知っておくべき病を引き起こす危険性

睡眠について、最近様々な最新の研究報告を聞くことができます。今回は、金スマで取り上げられた、スタンフォード大学が提唱する「睡眠負債」とは、どういったものなのかについてまとめます。参考資料として、また、 …

子供も睡眠時間が不足?!寝るのが遅い事と学力の意外な事実!

日本は睡眠時間が短い国と言われます。最近では、睡眠時間と脳の関係が取り上げられ、睡眠の重要性が今まで以上に語られるようになってきました。さて、日本の子ども達も、大人と同様、睡眠時間が短いと言われます。 …

肌のシワを改善し、血管を若返らせる夢の物質が明らかに!

女性の体は、女性ホルモンで守られることによって、 美しい肌、柔らかい血管、健康な体を維持しています。 したがって、50代から60代にかけて女性ホルモンの影響を受けられなくなると、 しわや血管の病にかか …

視力は回復する!手術だけではダメ!本当の原因から導き出すその方法

知ってますか?日本人は目にトラブルの多い国民だという事を。40代以上の日本人はアメリカ、オーストラリア、中国などと比べても、およそ2倍の人が近視だと言います。このような結果がありながら、私たち日本人は …