教育

子供が勉強しない!理由は単純!好きにさせるために親がやるべきこと

投稿日:

「勉強しなさい!」毎日子どもとバトルになってしまう、そんなご家庭も少なくはないようです。特に小学生から中学生になっていく小学校高学年や、高校受験をひかえた中学3年生がいるご家庭では、子どもが勉強に向かわない姿を見ると、親はうるさく言ってしまう。そもそもなぜ子どもたちは勉強しないのでしょう?

スポンサーリンク

子どもが勉強しない理由

子どもが勉強しない理由、考えたことありますか?

なぜ子どもは勉強をしないのでしょう?

なぜ、他のうちの〇〇ちゃんは勉強をするのに、うちの子は勉強しないのでしょう?

勉強に向かえない我が子はダメな子なのでしょうか?

なぜ子どもが勉強しないのか。

もちろんご家庭ごと事情があるとは思いますが、

最もシンプルに考えてみると、その問いに対する答えは、

「勉強がつまらないから」「面白くないから」「どうせやってもできないから」

こんな答えが多いのではないでしょうか?

当然の答えのように思えますが、大人よりも意志力が未熟である子どもたちは、

嫌なことを無理に頑張る!ということが難しいのです。

つまらないからやらない。
面白くないからやらない。
やってもどうせ点数は上がらない。どうせ怒られるしやる気がしない。

子ども達は大人より何倍も素直な生き物なのです。

子どもが勉強を好きになるには?

「勉強がつまらないから」「面白くないから」「どうせやってもできないから」

こんな風に子どもが感じているなら、自分から進んで勉強に向かうというのが

気持ちの上で難しくなってきます。

ではどうやったら、

「勉強って楽しい!」「面白い!」「頑張ってみよう。そしたら少しできるようになるかも!」

と前向きな気持ちにさせることができるのでしょうか?簡単に言えば、

子どもが子「勉強って楽しい!」「面白い!」「頑張ってみよう。そしたら少しできるようになるかも!」

って思ってさえくれれば、放っておいても勉強する子になります。

例えば、子どもが小さいうちなら、クイズのように大人が遊んであげるのもいいですね。

「問題!~正解は??」なんてクイズのように遊んであげると、

子どもは勉強自体が楽しいものであるとインプットされるでしょう。

他にも、アウトドアで草木の事を学んだり火の起こし方を学んだり

星を見たり買い物に一緒に行って割引率について考えたり

また、本や図鑑を一緒に見て勉強するのもいいですね。

好奇心をくすぐる仕掛けをいくつも用意してあげることで、子どもは

スポンサーリンク

自分から学ぶようになりますし、また、そこに親とのかかわりがあれば、

勉強=親と楽しく遊べる!となるので、子どもは喜んで勉強することでしょう。

大切なことは、子どもが進んで勉強したいと思えるような仕掛けをたくさん

用意してあげることです。

子どもが勉強を好きになるために親にできること

ある程度の年齢になれば、親と一緒に勉強することは難しくなるかもしれませんが

小さい頃に楽しかったことは、大人になっても楽しいものです。

遊びのようにして勉強をしてあげたり、たくさん体を使った体験をさせ、

勉強と結びつけてあげる。こんな経験をたくさん与えてあげて下さい。

また、親だからといってすべてを知っていて教えてあげる必要はなく、

子どもと一緒に学ぶ瞬間があるのも、子どもにとってはうれしいものです。

親が子どもにしてあげるべきことは、

子どもが勉強に対してより良いイメージを持てるように、また、

知りたい!という好奇心をくすぐったりすることです。

「勉強しろ」とうるさく言われる。

⇒ 嫌々勉強する

⇒ テストで点数がでる

⇒ 怒られる

もしこんなサイクルが続けば、子どもは勉強を好きになるでしょうか?

嫌いになりますよね。子どもが勉強を嫌いになるような声がけは、

しないほうがいいのです。いくら心配でも、一歩立ち止まって、

言葉がけを考えてみましょう。

また、勉強する場所と時間を決めて、この時間は勉強する時間、という

習慣をつけることもとても大切です。

いつやろう?どこでやろう?と考えることは、実は想像以上に脳に負担になるのだそう

歯を磨かずにはいられないように、勉強をやらないと気持ちが悪い、

このくらい習慣化されれば、放っておいても子どもは勉強します。

まとめ

こんなことを言ってしまっては元も子もないのですが、

子どもは親の声がけでどのようにでも変わることができる。

一つ知っておきたいのが、

勉強ができる、できないは、遺伝とはあまり関係がない、ということ。

つまり、子どもが勉強をするかしないか、勉強が好きか嫌いか、または、

勉強ができる方かできない方か、という事については、

親の勉強の能力とはほとんど関係がない、という事です。

関係するのは、親が子どもにどんなふうに関わってきたか、という事です。

また、ガミガミ怒ったり、勉強しろとうるさく言われたりすることで、脳がストレスを感じれば、

脳に悪影響で、記憶力が落ちる、という話もあります。

親の声がけやあり方、子どもとの時間を楽しむことによって、子どもはみるみる変わっていきます。

勉強って楽しい!何でだろう?知りたい!というような純粋な思いを引き出すきっかけを

たくさん与えてあげる。そうすれば新しい能力が目覚めてきます。

子どもと一緒にたくさんの感動を味わってください!そして、子どもの成長を心から楽しみましょう。

参考図書
「脳を本気」にさせる究極の勉強法
「賢い子」に育てる究極のコツ

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

♢♢♢中学校の部活顧問はプレッシャーとの闘い!強制的な自主的活動♢♢♢

中学校の部活動は、建前では「自主的な活動」として行われています。つまり、ボランティアということです。しかし、実際のところは、部活をやりたくない教員も顧問を引き受けざるを得ない現状があります。部活動には …

スマホ、高校生の所持率は?!厄介な依存症とその実態

中高生のスマホの使い方については、様々な意見や議論があり、実際に親もどうしていいか分からないという事も多いです。なぜなら今40代以上で親をやっている世代は、自分たちが中高生の頃は、携帯電話がまだ無かっ …

子どもが勉強しない!一緒にやってもだめ。なんて声がけする?

子どもが勉強しなくて、イライラする。 こんなことは良くあることですが、それでも親としては何とかしたい。 スポンサーリンク 下手に何度もうるさく言うともっとやらなくなりますよね。 何か効果的な声がけはあ …

受験生の親の言葉は影響大!うざいのは逆効果!できることは?

受験シーズン真っ只中という学生さん、そしてそれを支える保護者の方々。年末とはいっても心が休まらないという方も多いかもしれません。本人が大変なのはもちろんですが、親として何をすべきなのか、何をすべきでは …

子供は親の責任で賢く育てよう!言うことを聞くも聞かないも映し鏡!

子供を賢く育てたいなら、学校だけに教育を任せておいてはダメです。子供の成長にとって最も大切なのは「親」そして「家族」。『東大生の親、9割がやっている習慣』が共感できます。 スポンサーリンク 関連