生活全般

お月見って?2017年はいつ?その意味、お月見団子と秋の七草

投稿日:

9月になると、お月見の季節なんて言われたりします。しかし、お月見について具体的に説明しようとすると、意外と分からないことが多かったりしますね。中秋の名月や十五夜って何?お月見団子って?最近ではあまりメジャーな行事ではないので、改めて考えることも少ないですが、ちょっとだけお月見に詳しくなりましょう。

スポンサーリンク

お月見、2017年はいつから?

旧暦の8月15日の満月は、一年の中で最も明るく美しいとされ、

この日のお月様を、中秋の名月と呼ぶそうです。

旧暦の8月15日は、今の太陽暦に当てはめると、毎年違う日になり、

今年は10月4日なのだそうです。だいぶ遅く感じますね。

そして、これはあくまで日にちの問題なので、

実は、中秋の名月(十五夜)=満月 とは限らない!

のだそうですよ。今年もどうやら、10月4日のお月様は

満月ではないそうです。ちょっと残念ですね。ちなみに満月は10月6日だそうです。

それでも晴れていれば、きっときれいなお月様を見ることができます。

お月見の意味って?

お月見とは、お団子や里芋をお供えし、秋の七草を飾ったりして、

きれいなお月様を鑑賞する事。

また、この時期は、芋類の収穫時期と重なるので、「芋名月(いもなづき)」ともいうのだそうです。

江戸時代には、豊作を願う収穫祭を行う日として、人々に親しまれていたのだとか。

お団子と一緒にお芋を備える地域があるのは、

お米を食べ始める前の日本人の主食が芋類だったから、という説があります。

こうしてみると、きれいなお月様を愛でることと、豊作を願う日という2つの意味が

見えてきます。

お月見団子と秋の七草

お月見団子は、お月様がよく見えるところに、

小机三方にもって備えます。そして、秋の7草を花瓶に飾ります。

地域によっては、一緒に芋類やこの時期にとれたものを備えたりもするようです。

三方という台がない場合は、お皿に半紙を敷いて盛り付けても良いです。

お月見団子の数は、十五夜にちなんで15個、もしくは、

1年の月の数に合わせて12個、など、地域によってさまざまなようです。

ちなみに、秋の七草は、春の七草とは違って食べるのではなく、飾ります。

スポンサーリンク

7草がそろわない場合は、ススキだけを飾る、という事も少なくないですね。

【秋の七草】
はぎ

なでしこ

おみなえし

すすき

ふじばかま

ききょう

くず

まとめ

こうして改めてお月見についてみてみると、

収穫の喜びや、秋のお月様の美しさなど、

どことなくほのぼのとして幸せを感じる行事なのだな~と思いますね。

忙しくてなかなかお月見する余裕がない昨今ですが、

晴れていたら、ふと空をみあげて、そして、お団子でもたべて

心をリフレッシュさせるのも、なかなかいいかもしれません。

スポンサーリンク

-生活全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚式のお祝い金はいくら包む?祝儀袋の選び方や「ふくさ」の使い方

結婚式に招待されたら必ず考えるのが、お祝い金はいくらが適当か、ってこと。少なすぎたら失礼かな、とか、偶数は割り切れるからやめた方がいいのかな、とか、年齢的にはどのくらいが適当なのか、とか、いろいろ考え …

秋のお彼岸、2017年はいつから?その意味や食べ物は?

お彼岸って具体的にはどんな日のことを言うの?核家族化していてお墓もないご家庭が多い現代は、なかなかお彼岸を意識する機会もありません。しかし、日本の伝統的な行事について全く知らないというのも、ちょっと不 …

キュウリの新しい料理レシピが話題?!長期保存法も紹介!

夏になるとうれしいキュウリ。 身体を冷やす効果があり、さっぱり感がいいですね。 でも正直なところ、レシピと言えば、サラダや酢の物、漬物。 スーパーで購入するならまだしも、 スポンサーリンク 畑で野菜作 …

ダイエット中のコンビニ。糖質を気にするならおでん?昼食は何がいい?

寒い冬が終わり、温かい季節になってくると、夏に向けて美しいボディーを作りたくなってきますね。 今年の夏こそは!とダイエットを始める人も多いのではないでしょうか? そうはいっても、普段の生活の中で、ダイ …

梅雨の生乾きの嫌な臭い。ワンポイント対策!

いよいよ関東が梅雨に突入したようですね~。 スポンサーリンク さて、これからの梅雨で嫌な事と言えば、ジメジメした毎日。 そして生乾きの洗濯物です・・・ スポンサーリンク 関連