健康

ダイエットの糖質制限で新発見!やり方や糖質量、その効果!

投稿日:

ダイエットと言えば、最近話題の糖質制限ダイエット。人によって向き不向きはありそうですが、多くの人が効果を実感できるダイエット法と言えそうです。この糖質制限ダイエットについて、新しい発見が報告されています!今までは「自分はご飯や麺が好きだから糖質制限ダイエットはできないな~」と思っていた人には朗報かもしれません。

スポンサーリンク

ダイエット~糖質制限のやり方~

糖質制限ダイエットにチャレンジしたことがある人であれば

すでにご存じのこととと思いますが、糖質制限ダイエットでは、

特に炭水化物にあたる食べ物を減らす、という方法をとります。

一般的には、その際の一日あたりの糖質摂取量は、自分の体重くらい、を目安にします。

従って、うどんやそば、麺、お弁当など、コンビニで昼食を買って食べる場合などは、

一食で一日の目標糖質量を越えてしまう場合もあります。

そう考えると、なかなか厳しいという事が言えます。

しかし、その反面、たんぱく質はいくらとってもいいと言われ、

ガッツリお肉や脂肪をとる事は許可されます。もちろん、

できればお肉であっても鶏肉や良質な赤身がいいのですが、

炭水化物を減らした上にたんぱく質も制限することは、ストレスになり得るので、

ここは少々甘くてもいいと言えます。

※ストレスが増えることで、リバウンドの可能性が高まります!

甘いものももちろん糖質になるので、甘いものも食べることができなくなるのですが、

チーズケーキは比較的糖質が少ないので、どうしても食べたい場合にはおススメです。

くずもちなど、カロリーは低いのに糖質が高い!というスイーツも多いので、気を付けたいところです。

このように、多くの人に対して確かに効果が出るダイエットではありますが、

きちんとやろうとするとそれなりにストイックにならざるを得ません。

特に「お米や麺が好き!」と言う人にとっては厳しいダイエットになるののかもしれません。

※糖質制限が効果的だからと言って、糖質をゼロにすると、身体を壊します。絶対にしてはいけません!

ダイエット~糖質制限の糖質量についての発見~

さて、ついこの前あるTV番組で行われた実験では、「ゆる~い糖質制限ダイエット」が行われ、

一日に摂取してよいとする糖質の量150gとしました。

一般的に言われる「自分の体重くらいの糖質」に比べると、

150㎏以上の人はそれほど多くはないでしょうから、だいぶゆるいと言えます。

監修していた医師の方も、このくらいのゆるい糖質制限で効果がでるという事に驚いていました!

糖質150gと言えば、例えば、

コンビニの冷やしうどんやそば、麺などがだいたい糖質45~70gなので、

普通に2~3食、冷やし中華などを食べることができます。

スポンサーリンク

この量であれば、普段の生活の中で少しご飯を減らしたり、甘いものを控えたりすることで、

達成が可能になりそうです。

今まで「糖質制限は自分には無理!」と思っていた炭水化物好きの皆さんにも、

糖質制限ダイエットの可能性が出てきたのではないでしょうか?

ダイエット~糖質制限の効果~

さらにこの実験の中で、糖質制限ダイエットによる2つの健康に良い効果が発見されています。

① ケトン体が増えることで長寿遺伝子がONになった?!
普通は、食事をすることで、その食べたものがブドウ糖に変わり、

それが体を動かすエネルギーになります。しかし、糖質制限をすることで、

体に蓄えられた脂肪を燃やしてエネルギーに変えようと体が働くとき、

肝臓でケトン体というものが作られます。

このケトン体は、長寿遺伝子に影響している可能性があり、認知症の予防にさえ効果があると

言われています。ケトン体は現在、体に良いとされていて、その解明に期待が集まっています。

もちろん、ケトン体が増え過ぎる事によるリスクもゼロではないので、研究が進められています。

② 腸内環境が良くなる!
一般的に、

腸内細菌が多様(いろんな種類の細菌がいる)=健康な場合が多い

腸内細菌の種類が少ない=不健康であったり、肥満だったりする

という事が言えるそうで、腸の中の最近の種類が増えることで、

アレルギーがおさまったり、免疫力が高まったりと、健康になったという事ができます。

今回の実験では、糖質制限ダイエットをすることで、腸内環境にも変化が訪れ、

腸内の細菌の種類が増える、という結果が得られたそうです。

このように、糖質制限ダイエットは、ダイエットそのものだけではなく、

健康な体に近づく方法ともいえるようです。

まとめ

たかがダイエットですが、糖質制限が認知症にまで影響を及ぼすとなると、

話が大きくなってきます。しかも、一日の糖質摂取量は150gとゆるい糖質制限でも、

これらの効果が出ているのです。もしかしたら、ゆるいからこそ、ストレスがかからず、

あまり苦しくもなく、身体の様々な部分に良い影響が出たのかもしれませんね。

ダイエットにはリバウンドがつきものですが、すべては、ストレスをかけることによって

起こります。無理のない範囲で長く習慣的に続けていくと事で、

ダイエットだけではなく、認知症や他の病気の予防にもなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大腸内視鏡検査を体験!前日と当日の流れや検査について知りたい!

大腸内視鏡検査、噂によると、大変らしいですよね。 40代以上の方であれば、一度は受けたことがある、そういう人も多いのでは? スポンサーリンク 今回は、受けるとなったらちょっと不安な大腸内視鏡検査につい …

アレルギーは改善できる!?食生活をかえて体質を変える方法とは?

一度アレルギーになってしまうと、もう治ることは難しいし、また、どのようにして治したらいいのか、分からないものです。しかし、そんなアレルギーに対して、クリニックを訪れた人の8割の症状が改善した、という、 …

男性の更年期はうつ病と似ている?!その症状や治療法・対処法を紹介

更年期障害といえば、女性の問題だと思われてきましたが、実は男性にも更年期障害があるという事が、最近言われ始めました。その割合も決して低くはなく、45歳以上の6人に1人が隠れ更年期障害なのだとか。症状は …

朝目覚めが悪いのはレム睡眠の時間だった?!スッキリ起きる方法とは

寒くなるとさらに、朝の目覚めが悪い。そんなこともありますね。それでも比較的スッキリと起きることができる時間帯はやはりあるようです。NHKのガッテンで取り上げられてた「朝の目覚め」についての情報をまとめ …

人の「骨」はカルシウムだけではない!その役割が若さを徹底強化!

これまで、人間の「骨」は、単なるカルシュウムの塊だと思われてきました。しかし、最近の研究から、骨はただのカルシュウムではなく、体に対していろいろなメッセージを出しているという事が分かってきました。 ス …