生活全般

宝くじは本当に当たるのか!低すぎる確率と還元率!なのに夢を見る

投稿日:

宝くじが当たる!そして人生一発逆転!そんな夢は、誰でも一度は見たことがあります。しかし、最近では、その確率の低さが話題になりますね。それでも「宝くじ」という響きは魅力的であり、一般庶民にとってはそこに大きな夢が広がります。確かに当たっている人はいます。改めて「宝くじ」の現実を見ていきましょう!

スポンサーリンク

宝くじの当たる確率

宝くじが当たる確率、どのくらいかご存知ですか?

≪ジャンボ宝くじ≫
1等  2000万分の1
1等の前後賞 1000万分の1
1等の組違い賞 10万503分の1
2等 100万分の1
3等 10万分の1
4等 1万分の1
5等 100分の1
6等 10分の1

この数字を見て「へ~」って思いますよね。当たる確率は低そうだけれど、

どのくらい低いのかピンとこない。

このことを分かり安く表現してくれているものがあります。

○宝くじを米粒に例えると、5キロ入り米袋40袋(お茶碗にすると軽く3,300杯分)の中にひと粒だけ1等前後賞がある。
(米粒1,000万粒の重さを計算してみよう。ひと粒の重さは約0.02グラム。0.02×10,000,000=200キログラム)

〇宝くじをトイレットペーパーに例えたら
 宝くじの横の長さは15センチ。これをつなぎ合わせて毎日お尻を拭いたとして、500年間宝くじでお尻を拭き続けると、1等前後賞のくじに出会うことができる。
(日本人のトイレットペーパー消費量は年間およそ50ロール。1ロールの長さはシングルの場合60メートル。ここから計算すると、15×10,000,000÷100÷(50×60)=500年。
エキサイトニュースより

〇雷に打たれるのと同じ確率

※1等前後賞の確率を1000万分の1として変えてあります。

いろいろな例えがあって楽しいですね。要するに、そのくらい当たらないという事です。

もし、本当にお金が必要で、何とかお金を手に入れなければならない場合、

宝くじに期待することはやめたほうが良さそうです。もちろん中には当たっている人もいます。

しかし、お金に切実な場合、「宝くじ」は助けにはなりません。

当たっても当たらなくても楽しいからいい!そういう方であれば問題ありませんが。

宝くじは当たるのか。低い配当率

皆さんは、多くの人が宝くじを買ったことで集まったお金が、

どのように使われているかご存知でしょうか?

宝くじの収益がすべて、当選した人々に配られる、そう思う人もいらっしゃるのでは?

スポンサーリンク

しかし、実際には、配当金(還元率)は収益の50%ほどなのだそうです。

つまり、あなたが10,000円分の宝くじを買った場合、5000円は当たった人のところに届けられる。

しかし残りの5000円はどこかに消えてなくなっている、という事です。

半分も!です。

では、消えてしまった5000円はどうなっているのか、ということですが、

15%ほどは事務組織である「みずほ銀行」に行くことになりますが、

残りの35%ほどは、ハッキリとは分からない公益事業に使われているようです。

他のギャンブルを見ても、還元率は、

競馬では75%ほど
競輪でも75%ほど
パチンコでは85%ほど
カジノのヨーロピアンルーレットでは90%を超えるそうす。

このように見てくると、宝くじを当てる事よりも、

カジノに行ったほうがお金が増える可能性は高いのです。

実際には税金の話も上乗せされるため、競馬や競輪も還元率がいいとは言えませんが。

宝くじが当たるのは夢物語


ここまで「宝くじ」について見てきました。

宝くじが当たって一発逆転!は、やはりかなり高い確率で「夢物語」と言えそうです。

もちろん「宝くじは夢を買っているのだから、それでいい」
「募金だと思って、ついでに楽しみを買っているのだ」

そのように思って宝くじを買うのであれば、全く問題はありません。

宝くじの収益の35%は、日本のどこかで役に立っているのだと信じたいものです。

まとめ

「宝くじ」は娯楽であり、ギャンブルの一つでもあります。

貯金や投資とは違いますので、確実にお金を貯めたいのであれば、

貯金の方が実は確実で早いのです。

一攫千金を夢見るよりも、毎月コツコツ貯金をしたり、投資の勉強をする方が、

「宝くじ」を買い続けるよりも、将来的に安定した資金を得る確率は

だいぶ高いのだという事を、一応覚えておきましょう。

そのうえで「宝くじ」を楽しむのであれば、娯楽やギャンブルと同じカテゴリーで

楽しむ、もしくは、ほとんど募金に近い気持ちで楽しめば、

多額をつぎ込んだり、依存的なったりという事は起こらないでしょう。

スポンサーリンク

-生活全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お月見って?2017年はいつ?その意味、お月見団子と秋の七草

9月になると、お月見の季節なんて言われたりします。しかし、お月見について具体的に説明しようとすると、意外と分からないことが多かったりしますね。中秋の名月や十五夜って何?お月見団子って?最近ではあまりメ …

ながらスマホは子供の脳に影響!恋人ともコミュニケーション不足!?

スマホは便利。楽しい。でも、大切な人との関係よりも大切ですか? スポンサーリンク 関連

父の日のプレゼントのアイディア!お父さんたちの本音は?

6月に入ると「父の日」がやってきますね。「母の日」に比べるとちょっと忘れがちな「父の日」ですが、いつまでも元気でいてほしい、いつもありがとう、そんな気持ちを込めて何か贈り物をしたい、そんな思いがわいて …

ゴールデンウイーク、旅行派?!お家でまったり派?!

ゴールデンウイーク、どんな風に過ごしたい? 毎年やってくるGWですが、 スポンサーリンク 何も考える暇もなく、何となく過ごしてしまう、という事も多いですね。 日本国民の皆さんは、どのように過ごしている …

なぜ片づけられない?捨てられない?その理由と解決法!

片づけられない、捨てられない。物が多く豊かな現代。試しに安く買って使ってみたけれど今は使っていない。思い切って高いお金を出して買ってみたけれど、それほど使うことはなかった。事情は様々ですが、今、「捨て …