教育

子どもの教育で大切な事は?将来必要とされる事は何?これから・・・

投稿日:

情報があふれかえる現代。何を信じて何を根拠に生きればいいのかが、昔よりも分かりづらくなっています。その中の一つに「子どもの教育」があります。この激動の世の中で、子どもをどのように育てたら、その子が幸せな人生を歩めるのか。親として何ができるのか。今回も一つの断片を切り取って見ていきます。

スポンサーリンク

子どもの教育で大切な事は何?

情報過多ともいえる現代。いろいろな情報を取り入れ役人立てる事も出来ますが、

余りに多くの情報があり過ぎて、何を信じていいのか分からない。

子どもの教育については特にそうで、国の方針も世論を受けてコロコロと変わってしまう。

かわいい我が子に幸せな人生を歩ませてあげたい。

一度しかない子育てを成功させたい。

子どもの人生は子ども自身が決めていくこと。

それでも親ができることとは何なのか。

いろいろな思いが巡る子育てや教育。

都会での子育て⇔田舎での子育て
お受験推進派⇔お受験反対派
遊び⇔勉強
スポーツ⇔音楽
ゲームは子どもに有益⇔ゲームは子どもに害
詰め込み教育⇔ゆとり教育
部活に燃える⇔家族との時間を多く持つ
しかる⇔ほめる

様々な相反する情報が飛び交います。究極を言ってしまえば、

自分や自分の家族は、何を選択していくのか、という事につきますが、

おじいちゃんやおばあちゃんの意見と自分の意見が食い違ったり、

世代によっても考え方が違います。

教育に関して、何かを選択をするときのよりどころとなるものがあれば、

洗濯することにストレスを感じることが減ります。

よりどころといっても、これにもたくさんの選択肢が存在しますが、

今回は、「企業が求める人材」に着目してみます。

子どもの教育~将来必要とされることは?~

経団連の「新卒採用に関するアンケート(2016年)」調査結果を見てみると、興味深い結果です。

「選考にあたって重視した点」では、

1位 コミュニケーション能力 87%(13年連続)
2位 主体性 63.8%(7年連続)
3位 協調性 49.1%

となっています。

一方で、専門性、一般知識、学業成績、語学力などは、どれも10%未満となっています。
経団連「新卒採用に関するアンケート」

学校や塾、またはマスコミも、点数を上げる事や学力を上げる事に注目しますが、

実は、社会で求められている人材とは、

学業よりも人間的な魅力、人と関わる力、と言えそうです。

スポンサーリンク

この辺りのズレが、なんとも面白いですね。

子どもの教育~これからできる事~

今回は、企業が求める人材、将来必要とされること、について、

子どもの教育を見てきましたが、それでは、

コミュニケーション力をつけるために出来ることとは、どんなことでしょうか?

勉強の点数を上げるためには、学校+「塾に行く」という選択肢がありますが、

コミュニケーション力を養う塾というのは、あまり一般的には聞きません。

また、コミュニケーション力というのは、日常生活で養われると考えられているため、

特別に何かやろう、とは考えないことが多いです。

しかし、コミュニケーション力もやはり、スキル。子どもの頃に身に着けることで、

大人になって生かしていくことができます。例えば、

何はなくとも、愛くるしい子というのは、愛されて生きていくことができますし、

とっても勉強ができて優秀なのに、人には好かれない、そんな人もいます。

できればバランスよく子どもを育ててあげたいものです。

コミュニケーションを学ぶ場は、やはり、人と接する事と言えます。

小学校低学年では、まだ社会性は育っていません。

小学校高学年頃から、社会性を身に着ける時期と言えます。したがって、

小学校高学年から、中学生のかけては、特に、コミュニケーション能力を磨ける時期と考え、

友達とたくさん遊んだり、スポーツをしたり、

いろんな種類の大人と接したりすることが大切になります。
※ 「『賢い子』に育てる究極のコツ」より

少なくとも、この時期に、部屋の中で一人でゲームをしているというのは、

コミュニケーション能力を身に着けるという事に関して言えば、非常にもったいない事をしていると言えます。

また、ずーっと一人で勉強をするということについても同じことが言えます。せっかく勉強をするなら、

時には友達と接する機会のある場所で勉強したり、人との接触を兼ねた勉強をお勧めするところです。

大人も子どももみんなで野外で星をみたり、草木に触れたり。川で遊んだり。

そんな勉強もとってもいいですね。

まとめ

最後までよんでいただきありがとうございます。

子どもの教育で迷っているお父さん、お母さん。

難しい事は考えず、とりあえずは、子どもがいろんな年齢のいろんな人とコミュニケーションをとれる

そんな場所を探してみるのもいいかもしれません。

一つのよりどころを持っているだけで、

例えば、塾を選ぶにしても、習い事や野外教室を選ぶにしても、

自信をもって選ぶことができるかもしれません。

そして何よりも、ご家族内のコミュニケーションも是非大切になさってください。

スポンサーリンク

-教育
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教員の仕事は辛いまま?スッキリしない部活動の位置 減らす策は?

『あなたは、今日から「あなたのチーム」を持つことができます!と言うか、あなたは断ることはできません。責任は発生しますが、お金はほとんどだせ出せません。そして、あなたの好きな競技を選ぶことはできません。 …

子どもの運動能力低下は、生活習慣や家庭環境で決まってくる!

春の運動会シーズンは、ひとまず落ち着いた時期ですね。秋になると、また運動会シーズンがやってきます。さて、お子さんは運動が得意ですか?最近の研究結果で、子どもの運動能力は家庭環境や生活習慣と深く関係して …

「勉強ができる=記憶力がいい」ではない?!ワーキングメモリーって?

学習や学校の成績と大きく関わっているのは、記憶力!ではないっていうこと、ご存知ですか?少し前までは「記憶力がいい子=頭がいい」って思われていましたよね。でもどうやら、点数が取れる子は記憶力がいいわけで …

吹奏楽部は「ブラック部活」?!得をしているのは誰だ?!

吹奏楽部は「ブラック部活」なのか――。8月1日にNHKの「クローズアップ現代+」で、「ブラック部活」の特集が組まれ、野球部と並んで吹奏楽部での事例が紹介されると、ネット上でも元吹奏楽部や現役部員が一斉 …

男性と女性の脳は子どもの頃から違う!兄弟も!育て方で大切な事

  男性と女性の脳は全く違うのだ!と、よく言われますが、性別による脳の違いは、子どもの時からあるようです。子育てをしていて、女の子と男の子では全然違うのは、そもそも脳が違うのだから辺りまえと …