教育

ゲームにハマる子ども!やめさせたい!言う事を聞かない!どうする?

投稿日:

「子どもがゲームばかりしていて勉強しない。」「勉強しなさい」と言っても子どもは全く動かない。そんな話はよく耳にします。最近では、ゲームをしても時間制限を守ればメリットもある、という話もあります。ゲームは本当に良くないのか、いいこともあるのか、また、勉強以外への悪影響はあり得るのか。様々な角度から考えてみたい。

スポンサーリンク

テレビゲームが子どもに与える影響

最近では、テレビゲームも、時間を守って行えばいい影響がる、という話がったりと、テレビゲーム=悪影響 とは言えない部分もあります。しかし、悪い影響があるのではという事も言われます。世の中で言われている事をまとめてみましょう。
≪ゲームのメリット≫
①ゲームが禁止されている子よりも集中力が高いという結果がでた
ただし1時間以内であれば、である。

②ゲームから知識が得られる
・英語を覚えた
・歴史の勉強ができる などなど

③親子の会話が増えた

≪ゲームのデメリット≫
①長時間行うことで、他の事ができなくなる
・家族の会話
・勉強
・睡眠

②斜視(急性内斜視
長時間スマホのようなものでゲームをし過ぎると、斜視になることがある

③依存症
・やり過ぎると依存症になる可能性がある。

『科学専門誌「ネイチャー」が発行する精神医学専門誌「トランスレーショナル・サイキアトリー」に、ゲーム中毒に陥った青少年の脳は麻薬中毒の脳の状態に似ているとの研究結果が掲載され、状況は一変した。ビデオゲームが子どもたちの脳に変化を及ぼすという事実が、科学的に初めて立証されたのだ。』参考サイト

④成績に悪影響が出る
・全国学力・学習状況調査の結果から、因果関係はないとはいえ、平日のテレビゲームの時間が長いほど、正答率が低いという結果。
参考サイト

ゲームをやめさせたい!

ゲームにはメリットもあるけれど、それ以上にデメリットが大きいことが何となく見て取れます。

「脳」が変化するほどの影響力があるのだとすれば、これは大変な事です。

「子どもにゲームをやめさせたい!」

そう思っても、一度与えてしまったゲームを禁止することはできません。

ルールを作るのも、やはり、ゲームを与えた時に作っておかなくては、

途中からでは子どもは言う事を聞きません。

スポンサーリンク

また、メンタリストDaiGoさんの著書「子育ては心理学でラクになる」にもあるように、

「~してはいけない」と言われると、1.5倍やりたくなる。これは心理学から言える事。

今さら「ゲームをしちゃだめ!」と言ってもどうにもならないのです。

むしろ、言えば言うほどやりたくなってしまうという事です。

さて、ではどうしたらよいのでしょうか?

著書「『賢い子』に育てる究極のコツ」の中でもやはり、

「ダメ!」と言っても逆効果と書かれています。

ゲームがダメ!というのではなく、ゲームよりも面白い世界を子どもに見せてあげることで、

ゲームから離れることができるきっかけになると言っています。

世の中には、ゲームより面白い事がたくさんあります。

自然、スポーツ、音楽、芸術、建築物、生き物、あげればきりがありません。

ゲームの中で勝利を手にしても、現実世界で勝利したわけではありません。

それよりも、リアルな世界にある、ワクワクするものを、

親が子どもに積極的に提示することで、子どもはまた、

ゲーム以外の物事に興味を持ち始めます。ポイントは、

親も一緒に思いっきり楽しむこと。

親が楽しんでいることは、子どもにもすぐに伝わり、

それを好きになる可能性が高くなります。たくさん一緒に

楽しんでください!

まとめ

ゲームは創意工夫の力が育つ、だから、むやみやたらにダメとは言えない。

そんな風に言われる時代がありましたが、

「脳」の研究が進めば進むほど、ゲームはお勧めできない、という意見が

増えているように思います。また、斜視になってしまう若者も増えている。

そう考えると、ゲームは一日1時間以内を徹底したいところです。

そして、親としては、子どもに禁止ばかりを押し付けるのではなく、

ゲームを与えてしまった責任もやはり感じながら、

ゲーム以外の魅力的な世界を子どもにたくさん見せてあげてほしいと思います。

キャンプ場に行ってもゲームをしている子どもを見かけたりしますが、

こんな時、親は、言葉がけを工夫して、子どもの興味を他に向けてあげてほしいものです。

例えば、キャンプ場では、バドミントンのようなスポーツができたり、

川遊びやみどり、虫、火おこし、料理に使う道具、料理そのもの、

たくさんの非日常があります。何でもいいので一緒にやってみましょう。

多少危ない事も、見守りながら子どもにもやらせてあげてください。

ゲームよりも楽しい事が、たくさんあることに気づかせてあげましょう!

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男性と女性の脳は子どもの頃から違う!兄弟も!育て方で大切な事

  男性と女性の脳は全く違うのだ!と、よく言われますが、性別による脳の違いは、子どもの時からあるようです。子育てをしていて、女の子と男の子では全然違うのは、そもそも脳が違うのだから辺りまえと …

子どもを叱る時は言葉に気を付けて!脳を傷つけないポイントとは?

子どもの「しつけ」はしっかりしなきゃ!と思って子どもを叱る時、どんなふうに叱ったらよいかまようことがあります。また、叱っているのに全く響いていない我が子に対して、イライラしてさらに怒ってしまったり、親 …

過熱する部活動は運動部ばかりではない!

部活動問題といえばスポーツの問題にフォーカスしがちですが、文化部にも問題があります。それは吹奏楽部です。テレビなどでも取り上げられ話題となっており、女子中高生が熱心に取り組んでいる姿が視聴者の心を打ち …

東大合格が目標ではない!?でも公立1位!日比谷高校の教育の特徴

都立日比谷高校は、ここ数年で東大合格者数が伸びてきている。しかしこの学校の教育の目的は、東大合格者を増やすことではない!と断言する都立日比谷高校校長先生。いい大学に合格することが人生のゴールではない。 …

子どもの「学校の時間」長すぎる!ドイツの思想が興味深い!塾は今

働き方改革が叫ばれる中、日本人の長時間労働が問題視されています。週休3日制や始業時間を遅らせる、自宅で働けるシステム作りなど、様々な取り組みが始まっています。しかし、よく考えてみると、子ども達はどうで …