教育

ゲーム時間と成績の関係は?時間制限できる?You tubeも問題。

投稿日:

先日「ゲームを許可されている子の方が、禁止されている子よりも、集中力があり、成績もよい」という記事が話題になりました。でも、ゲームを無制限にしていい、という訳ではない。また、最近はyou tube も子ども達にすごい人気です!「うちの子だけかしら?」と思ったらそうでもない。you tube は、これから気を付けていきたいアイテムかもしれません。

スポンサーリンク

適切なゲームの時間とは?

今や、ゲームをやったことがない、という人の方が少なくなっている時代です。

子ども達もゲーム、好きですよね。ずいぶん長い時間、ゲームに取り組んでいる

みたいです。先日

「ゲームを許可されている子の方が、禁止されている子よりも、集中力があり、成績もよい」

という記事が話題になりました。ゲームを許可されている子は、ゲームを禁止されている子よりも、

集中力がある、なんて書かれていましたね。

確かに、ゲームをやっていると、集中力を使います。それが、勉強にもいい

影響を与えている、そんな感じでしょうか。

でも、気を付けておきたいのが、ゲームをする時間です。

決して何時間もゲームをやっていい、という訳ではないのです。

それでは、どのくらいの時間が適切と言えるのか。

それは、「1時間」です。

1時間ほどのゲームであれば、やらない人よりやる人の方が、集中力が良くなり、

成績も伸びる、という事のようです。

逆に、3時間以上やると、やはり、様々な面で悪影響が出てくるのだとか。

要するに、

1日1時間以内でゲームを楽しむことができた子どもたちが、

集中力を高め、成績も上げることができるのです。

最も、ゲームは1日1時間以内と家族でルールを作り、子ども自身が

このルールを守ろう、と心から思い、実行できる、このようなお子様は、

どんな状況であれ、オン、オフを自分でコントロールできるのでしょうから、

ゲームをやる、やらないにかかわらず、優秀なのかもしれません。

ゲームの時間制限、守らせること、できますか?

さて、ゲームをする時間は1時間という事を、子どもと話し合い、

家庭内のルールとして、子どもにしっかり守らせることはできますか?

どんな状況でも、1時間を守らせることはできますか?

もし、ゲームが佳境に入ってきて、今やめることができない!

という状況で1時間を迎えてしまったら、親はなんていうでしょう?

おそらく「じゃあ、それ終わったらやめにしなさいよ!」と言いますね。

でも、子どもからすると

「あ~こうやっていえば、ゲームを少し長くやることができるな。」

と学ぶことになります。あまり良くない場合は、これが悪化していき、

スポンサーリンク

親の言うことをあまり聞かなくなったり、親を何とかだまそうとする

かもしれません。

家族でルールを決めるという事は、

子どもだけではなく、ルールを守らせたい大人たちにとっても、

楽ではない状況が毎日続くことでしょう。

それでも、親は、妥協せず、ルールを守らせるよう、頑張る必要があると言えます。

このルールが浸透するまでは、毎日が戦いともいえるかもしれません。

あなたは頑張れますか?

you tube もあなどれない!

ここ数年でものすごい速さで人気になってきたのが、

you tubeです。子ども達にとっては、ゲームをすることよりも

罪悪感がないようで、親に向かって

「ゲームはやってないよ!」って言ったりするようですね。

親としては、ゲームじゃないなら少しくらいいいかな~なんて思っていたら、

いつになっても勉強が始まらない。勉強しない。

「うちの子が変わっているのかしら?you tubuって何が面白いのかしら?」

なんて思っていたら、子どもがyou tube にはまっているご家庭は、

どうやら他にもたくさんありそう。急増しているようです。

大人にとっては何が面白いのか、そんなに長い時間見る価値があるのか、

あまり分からないものですが、子どもたちにとっては、

学校での話題として一般的になってきているようです。

まとめ

様々な誘惑のある現代、子ども達にとっては「勉強」なんて、

何にも面白くない、そんな感じなのかもしれません。

今の子ども達は、すごい魅力的な誘惑がいつも身近にあるのだから、

少しかわいそうな気もします。

でも、ちょっと考えておきたいのは、小学校、中学校、高校という時間を、

どのように使っていくのかによって将来が大きく左右する、ということ。

スポーツの世界や音楽の世界、最近話題の将棋の世界などでは、

小さな頃からコツコツやることが、その世界で生きていくための

必須条件と言えます。

ゲームや you tubeに多くの時間を注ぎ、

将来、ゲームクリエイターやゲーマー、you tuberになっていくのならいいですが、

そうではないのであれば、ゲームやyou tube は1日1時間にし、

将来に向けていろいろな経験をする機会を、与えてあげてほしいものです。

スポンサーリンク

-教育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

吹奏楽部は「ブラック部活」?!得をしているのは誰だ?!

吹奏楽部は「ブラック部活」なのか――。8月1日にNHKの「クローズアップ現代+」で、「ブラック部活」の特集が組まれ、野球部と並んで吹奏楽部での事例が紹介されると、ネット上でも元吹奏楽部や現役部員が一斉 …

子どもの教育が大きく変化する!将来のために理解しておきたいこと

人工知能AIの存在がますます大きくなってくる中、人間の役割もまた見直されてきています。AIができることは人間はやらなくていい、そんな時代がやってきます。そんな中、大学入試センター試験も、2020年に、 …

「勉強ができる=記憶力がいい」ではない?!ワーキングメモリーって?

学習や学校の成績と大きく関わっているのは、記憶力!ではないっていうこと、ご存知ですか?少し前までは「記憶力がいい子=頭がいい」って思われていましたよね。でもどうやら、点数が取れる子は記憶力がいいわけで …

都会と田舎の真ん中で子育て?!軽井沢の新しい学校

『都会と田舎、どちらで子育てするのがいいの?』 この疑問はいつの時代もたえることがありません。なぜなら両方を一度に経験することができないから。都会でも田舎でも子どもは育ちます。どちらで育てるのがベスト …

スマホ、高校生の所持率は?!厄介な依存症とその実態

中高生のスマホの使い方については、様々な意見や議論があり、実際に親もどうしていいか分からないという事も多いです。なぜなら今40代以上で親をやっている世代は、自分たちが中高生の頃は、携帯電話がまだ無かっ …